6次産業化中央サポートセンター

樺沢敦(かばさわあつし)

株式会社FARM8 代表取締役

エリア

新潟県

職業

商品開発・ブランドコンサルティング

実績のある分野

野菜 果樹 その他

支援可能分野

新商品企画 商品コンセプト立案、価格・販路・広告戦略立案
新商品の商品設計 原料選定、レシピ・製法の確立、包装、デザイン
ブランディング 付加価値を高める工夫等

私が貢献できること

地域資源の活用をテーマにした商品開発やマーケティングコンサル事業を推進しています。また、NPO活動も主軸に添え、地域づくり、産業おこしなどの分野でも地域全体をサポートさせていただいております。
机上のコンサルだけでは実際のニーズにこたえられないと思い、自社内に開発拠点と小ロットの製造工場、販売店2店舗、都内にカフェスタンド1店舗を構え、実際のマーケットの動きやバイヤーの視点、ならびにメーカー側の根本的な悩みや生産者とのやり取りなど、実務に即した助言ができるように心がけています。自社商品も2年間で20商品以上を世に出し、実際の販売やプロモーションを実施しております。
社内に管理栄養士もかかえ、商品開発の確実性はもちろん、元々マーケティングコンサルタントだったという事もあり、ブランディング、情報発信、メディアミックスなども得意としています。
海外とのネットワークも広いため、海外輸出の流れや手続き関連もご相談いただけます。
農家さんやメーカーさんと、全体像の見えるリアルな商品開発のご支援をさせていただきます。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2015/02-2018/05 新潟県、福島県、愛媛県、埼玉県、高知県 果物 商品企画・商品開発・ブランド化・プロモーション 果物のB品の出口の相談を多く受けており、加工品としてジャム以外のものが作れないかという相談と、酒蔵から若者の日本酒離れの相談も同時にいただき、日本酒カクテルを日本の果物で作れないかと企画。 全国の果物が使えるプラットフォームとして清酒カップの中にドライフルーツを入れた商品を開発。誰でも自分の商品としてうれるように仕組みを構築 (メディア掲載) ・日本テレビ メレンゲの気持ち 放送
2015/08-2016/12 新潟県長岡市 酒粕 商品開発・販売設計・ブランド化・プロモーション 酒蔵から日本酒の製造工程ででる酒粕をうまく利用したいという相談をいただき、パンに塗る酒粕、酒粕ジェラート、酒粕シェイク、酒粕ソルト、酒粕ヨーグルトなど、美容健康フードとして女性向けに商品開発を実施。 商品としての製造特許取得、商標登録を実施してブランド化。 メディア露出と販路開拓を実施。 (メディア掲載) ・オレンジページ ・日経ヘルス ・テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト)
2016/05-2016/10 新潟 玄米 レシピ開発、ブランド戦略、商品化、プロモーション 米農家からの古米の有効活用として相談。 焙煎した玄米で玄米コーヒーを作れないかということで、新潟から生まれた飲むコシヒカリをテーマにして地域ストーリーとともにブランド化。 飲み方の提案を広げ、新しい分野として確率。 WEBメディア掲載等多数。
2016/01-2016/09 新潟 国産牛 ブランディング 畜産農家の加工品開発相談。 ビーフジャーキー、ドライビーフ、ビーフふりかけ、肉味噌を開発展開。 和牛ではない国産牛が価格破壊されている中で、地域性を出すことで顧客を掴む商品に開発。地域で200年続く老舗の醤油蔵とコラボでの商品として、地域の醤油漬けで味付けしたビーフジャーキーとして展開。 (メディア掲載) ・にっぽんど真ん中