6次産業化中央サポートセンター

石井勝孝(いしいかつたか)

有限会社石庄丹沢そば茶屋本舗 代表

居住地

神奈川県

職業

農業者・経営者

実績のある分野

蕎麦

支援可能分野

農林水産物の生産技術 栽培方法,収穫方法,栽培品種等
小売 販売店舗運営、通信販売運営等
サービスの提供 飲食店舗運営、観光等

私が貢献できること

神奈川県秦野市で蕎麦を主軸に生産から加工、販売(通販・飲食・催事販売)までを自社で行っております。蕎麦は通常、年1作から2作ですが、栽培方法を工夫したことで、年3作まで収穫が可能となりました。お米や小麦だけでは成立し得ない営農モデルに蕎麦を加えることで、強固な6次産業化のビジネスづくりのお手伝いが出来ると思います。現在、蕎麦生産の支援、蕎麦店のメニュー作り、蕎麦を活用した商品づくりなどを行い、秦野市の観光施策とも連動させております。今後は、そのノウハウをお伝えして行けたらと考えております。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2016/01- 千葉県長生町 蕎麦 生産・製粉製麺加工・販売 地元のそば生産者と一緒に商品開発を行い、弊社で加工した商品は 地元の道の駅やふるさと納税の商品として販売されています。
2016/01- 神奈川県丹沢山系エリア(秦野市・松田町・南足柄町・大井町・山北町) 蕎麦 生産・加工・販売 火山灰の土壌で水はけの良い丹沢は、昔から蕎麦栽培が盛んな場所です。 しかし、手作業の農家が多く、また最近では台風や鳥獣被害が多くなり、そば栽培をあきらめてしまう傾向にあります。 そこで、弊社のそば用コンバインを地域の方々にレンタルすることで、格段に作業が軽減されたと喜ばれています。その際、農機具の扱い方も収穫時期に実践でアドバイスをさせていただいております。 また、年3作のノウハウをお伝えしながら、面積拡大に向けて、耕作放棄地や田んぼでのそば栽培の方法をアドバイスしています。 結果、農家さんの収益拡大、地域の観光資源に貢献することが出来ました。