6次産業化中央サポートセンター

加藤貴之(かとうたかゆき)

株式会社Noblesse Oblige

居住地

茨城県

職業

希少肉専門販路開拓コーディネーター

実績のある分野

肉牛 養豚 養鶏 ジビエ その他

支援可能分野

ブランディング 付加価値を高める工夫等
新商品の販路開拓 販売先、商品の提案方法
新商品企画 商品コンセプト立案、価格・販路・広告戦略立案

私が貢献できること

とてもニッチで知られていなかったダチョウ肉を、全国の飲食店数百店舗様に導入を推進してきた実績を元に、ジビエや銘柄牛、豚、鳥など、さまざまな食肉のブランディング、販路拡大、品質改善など様々な角度から貢献できます。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2009/4-2012/1 東京 広告・宣伝 広告会社に勤務し、食品会社等に広告・PR企画などを提案
2011/6-2017/5 東京 ダチョウ、ジビエ、牛、豚 ブランディング、販路開拓、新商品企画、生産管理 知名度がほとんどなかった国産ダチョウ肉や国産ジビエのブランディングから販路開拓、加工品企画、副産物流通などを行い、安定的に導入する飲食店を多数獲得。 飲食店のニーズなども汲み上げ、屠畜・加工の仕方の改善指導なども行う。 ダチョウ牧場の新規立上げの支援も行い、経営計画の支援、研修先の紹介、雛供給の仲介、生産物の販売など、多面的なバックアップを行う。 ダチョウやジビエだけでなく、牛、豚などでも、支援実績あり。
2017/6-2019/5 茨城 ダチョウ 生産管理、新商品企画、販路開拓、品質管理 肉や卵の品質が向上し、コストも下がる飼育方法の考案を行い、またルーティン業務中の一工程にかかる作業時間を1/3に抑え、作業負荷、コストも大幅に削減する手法の導入に成功。 生産物を定期的に購入する顧客も開拓し、革、油脂などの副産物を活用するメーカー等の連携も確立した。