6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

毛賀澤明宏(けがさわあきひろ)

株式会社 産直新聞社 代表取締役社長

居住地

長野県

職業

出版編集、直売所コンサルティング、地域づくりコーディネーター

貢献できること

専門誌「産直コペル」の編集発行で構築したネットワークの力と、全国の6次化先進地取材や個別農家・直売所・地域・都道府県・各種企業の6次化サポートを通じて蓄積したノウハウを活かして、戦略立案から人材育成、直売所・加工所・農の拠点などの具体的な運営指導までトータルにサポートできます。近年は、都道府県単位での6次産業化に関わる人材育成セミナーを多くお手伝いしており、直売所や加工所の立ち上げ、売上げ改善、高齢化対策、データ活用、生産履歴の記録と管理、新商品開発、ラベル改善などほぼ全領域をカバーしています。地域づくりについて何でも相談してください。
・・・(もっと読む)

村上一幸(むらかみかずゆき)

株式会社ケミストリー 代表取締役社長

居住地

神奈川県

職業

経営コンサルタント、中小企業診断士、事業再生士、農業経営上級アドバイザー

貢献できること

プロデューサーとして上位方針である経営・事業から、マーケティング(商品企画・開発、販路開拓)、加工場の衛生管理までの一貫性が保たれた戦略・計画を策定し、農林漁業者が明確なコンセプトのもとマネジメントサイクルがしっかり回すことができるよう、実行性を高める支援を行います。当然、その範囲が一部の支援であってもモグラ叩きにならないよう意識し、伴走型支援をしっかり行います。地域活性化にも取り組んでいるので、集合体としての6次化事業体の支援も可能です。現状の資金繰り状況や今後の必要資金を明確にし、短期的ではなく長期的に継続される事業の確立と成長を総合的に支援し、持続性ある農林漁業及び食農連携に貢献します。
・・・(もっと読む)

瀧田圭樹(たきたけいき)

瀧田農産加工研究所 代表

居住地

大阪府

職業

民間コンサルタント

実績のある分野

野菜 果樹 豆類

貢献できること

商社における新規事業として高果汁飲料の商品化から委託加工先までの仕組みを構築。その後老舗食品メーカーでOEM受託に従事、年間100件を超える相談に対応。その経験を通して加工施設も通販サイトもない農業生産者の6次産業化のスタートアップ支援を行っています。農業生産者に対しては「マッチングによる小ロット農産加工の代行」「農産物の強みを生かした加工品開発」、加工事業者に対しては「農業生産者との間に立った各種の調整」「豊富な経験に基づく親身な農産加工特産品開発」、ポケットマルシェ、ふるさと納税の仕組みを活用した販売の提案等で農業生産者に対する身の丈にあった6次産業化を提案しています。
・・・(もっと読む)

玉川眞奈美(たまがわまなみ)

(株)インフィニバリュー 代表取締役

居住地

山梨県

職業

管理栄養士

貢献できること

中央SCの六次産業化における実績の一部ご紹介 ・山口県 米及び茸類生産農家&福祉加工連携 和ジェラート開発とファームツーリズム実施における販売や市内での販売開始 支援実績あり      無農薬ハーブ栽培農業グループと公立高校連携でのハーブと地域特産品のコラボ商品の商品化。ターゲット設定やニーズからメニューに反映しやすい・持運びや保存に便利な型状で反響があり地域ブランド認定獲得 山口県 米・糯米農家:和食文化を活かした 小米(割れ米活用)入りの餅や新しい佃煮加工開発、きくらげ酢漬け開発加工とブランディング(イベント展示販売での地域ブランド認定実績)、製造に関する衛生管理の指導、表示法改定後、加工品販売のため改定内容を反映した表示方法 その他 粒マスタードの種からの生産製造による六次化、イチゴ農家の六次化へのブラッシュアップ。商品・レシピ開発、商品時のパッケージ、表示義務化における支援(一括表示食品栄養表示やカロリー計算含む成分分析、機能性食品への展開など)、農産物の商品開発商材提案およびレシピ開発とレシピ設計からパッケージ周りまでブランディングにおける販売までオールインワンでの支援対応が可能。
・・・(もっと読む)

木川健(きかわたけし)

(有)ケン プランニング オフィス 代表取締役

居住地

神奈川県

職業

地域活性化コンサルタント

貢献できること

「安心安全・真面目さの見えるモノ」を求める消費者と「産地で頑張る」生産者とが繋がることで、互いのニーズ・ウオンツが補完されWin-Winの関係となり得るという理念のもと、都市と農山漁村の共生対流を実現するビジネスモデルの設計、利害関係者の調整、事業プロデュースを通じ<真面目に作ったモノが売れる仕組みづくり>を支援しております。 特に近年はコミュニティビジネスの潜在能力に着目、市民プレーヤーの力を借りるため農業を取り巻く多様なプレーヤーへの参加動機付けと連携構築をおこなうことで、収益を確保し継続性を担保できる製品開発・店舗経営などの6次産業化ビジネスモデルの設計・運用を支援しております。
・・・(もっと読む)

本橋修二(もとはししゅうじ)

農産加工・直売活動相談所 代表

居住地

茨城県

職業

加工技術・販売活動コンサルタント

貢献できること

①科学的な加工技術で加工品開発と商品化支援、②交差汚染を防ぐ加工施設・加工機器類の整備支援、③品質重視の加工工程管理と衛生管理支援、④わかりやすいHACCP手法の導入支援、⑤農産物直売所の整備と運営診断・活性化支援、⑥農家・農村レストランの整備と運営支援等、農業経営者・女性起業者等の要性に応えて、解りやすく、丁寧に、伴走しながら活動を支援します。
・・・(もっと読む)

園田祐喜子(そのだゆきこ)

Anti-aging Life Associates 代表

居住地

東京都

職業

フードプロデュース・コンサルティング

貢献できること

「From Farm To Table」という品質管理の概念を基本に、各地の農産物を、日本および海外の人の食卓までを一貫してプロデュース致します。変化し続ける食環境、社会、消費者のニーズに合わせて、地域の資源や食材の魅力をひきだしポテンシャルをアップさせ、どこにもない新たな「サービス」、魅力的な「商品」として誕生させます。各地の農家の方々に対して、商品開発企画から販路開拓までの様々な悩みに対して、女性の視点でしなやかなサポートを致します。また高齢化社会にも順応する「商品づくり」や「サービス」を開発し、日本だけでなく、海外に向けても発信および実践致します。「発想力」、「創造力」、「人脈」、「起動力」をもとに効率的に遂行していきます。
・・・(もっと読む)

木村隆志(きむらたかし)

有限会社リテールマーケティング 代表取締役社長

居住地

奈良県

職業

経営コンサルティング・新商品開発

実績のある分野

野菜 果樹 酪農 肉牛 蕎麦

貢献できること

つくった農産物や加工商品、売れないで困っていませんか。私どもは大手GMSでやマーケティング会社、6次産業化プランナーで培った、商品仕入、企画開発、広告宣伝企画、事業計画認定や補助事業採択実績のノウハウを活かして、売れる新商品企画開発や販売マーケティングの革新的な支援をします。少ロット加工製造メーカーの連携など無理のない生産計画支援で農家の商品開発を強力にサポート。また、道の駅で実践したノウハウで道の駅の活性化、利益改善運営方法、ふるさと名物・オリジナル商品づくりなどなど。売れ続けるマーケティングやブランディングを駆使し、今までにないイノベーション改革支援で、とことん売れるまで徹底支援します。
・・・(もっと読む)

島本一仁(しまもとかずひと)

和 島本一仁 代表

居住地

大阪府

職業

経営コンサルティング、公的支援機関専門家

貢献できること

①販路開拓支援。(販路紹介含む) ②商品開発及び改良支援。 ③製造委託先紹介。 ④補助金申請書作成サポート。 ⑤道の駅、直売所など業績向上支援。 ⑥マーケティング基盤構築支援。 ⑦ブランディングレクチャー。 ⑧販売先ターゲットに対する採用基準レクチャー。 ⑨パッケージデザイン、ネーミング助言。 ⑩食品製造許認可アドバイス。 ⑪6次化セミナー対応。
・・・(もっと読む)

浅野卓(あさのたかし)

アグリ創研株式会社 代表取締役社長

居住地

東京都

職業

ビジネスプロデューサー

実績のある分野

野菜 果樹 林産物

貢献できること

【専門】 ◆知財法・独禁法・契約実務を着実に押さえた知財経営・知財戦略を基軸に、理論に裏打ちされたブランド戦略、新事業創出を専門とする。 ◆特に農水分野では、地理的表示(GI)や日本農林規格(JAS)、6次産業化・農商工連携等のプランニングを行う。産学官連携にも携わる。 全国的または各地のJAや生産者団体、ブランド協議会のアドバイザーを務める。 【略歴】 ◆早稲田大学法学部卒業。「経営」「法律」「政策」の複合面からの知財戦略、非財務的なコンサルティングを提供するべく、30歳から社会人院生として、東京理科大学大学院 専門職学位課程(知財戦略)首席修了・総代、早稲田大学大学院 修士課程(知財権法)修了。 ◆現在、日本初の特許事務所付属研究所である、浅野国際特許事務所 国際知的財産戦略研究所 副所長(2004年~)、東日本大震災直後に復興支援のために起業した、アグリ創研株式会社 代表取締役社長(2011年~)。 ◆公職として、農林水産省 国立研究開発法人審議会 専門委員(2017年~)。経済産業省 特許庁「地域団体商標普及啓発事業」外部委員・座長(2019年~)。 ◆また、首都大学東京(東京都立大学)大学院 非常勤講師(知財)、アグリイノベーション大学校 非常勤講師(知財・ブランド戦略)、法務大臣認証ADR機関 日本不動産仲裁機構 登録調停人(民泊・農家民宿)を現任。 【メッセージ】 「世紀を超えて人々のライフスタイルに溶け込むイノベーションに携わる!」これが私の原動力です。 今、農業は難しい転換期をむかえています。しかし、100年先の未来に、その農産物を、その産地を、その食文化を繋いで行きたい。そして、ただ単に残すのではなく、良いものはより評価される形で、持続的に発展する仕組み(ビジネスモデル)を作っていきたい、そういう想いでいます。 新たな価値を創造する事業を、共に生み出していきましょう!
・・・(もっと読む)