6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

桔梗美紀(ききょうみき)

株式会社ジョイヤ 代表取締役

居住地

宮城県

職業

経営士 6次産業化プランナー 農泊事業推進コーディネート・アドバイザー

貢献できること

2011年度より6次産業化プランナーに従事。農福連携、農学連携を含め、地域の小規模から大規模生産者(有機農業者/GGAP/らの点を線で結び、面へ展開し地域活性化を実践。現在は、農林水産省 農山漁村振興推進事業(農泊事業等)や、有機農産物安定供給体制構築事業等の推進に従事する(2017年~)とともに、各地域において、事業企画・計画立案から実践において従事。
・・・(もっと読む)

金澤三紀(かなざわみつのり)

合同会社クライム 代表社員

居住地

埼玉県

職業

コンサルティング(地方創成・地域課題解決・6次産業化等)

貢献できること

6次産業化はもとより、その一環として、衛生管理(HACCP含む)、ブランド化、広告、パッケージ制作等の支援を行っています。その他、地域ぐるみの支援として、農泊(渚泊)、グリーン・ツーリズム、買い物支援、伝統行事の継承など、各地域の一次産業にかかわる様々なテーマで活動を行っています。
・・・(もっと読む)

川﨑孝治(かわさきこうじ)

合資会社フードビジネスサポート 代表

居住地

広島県

職業

経営コンサルティング

貢献できること

料理人としての35年の経験をいかし、“安全・安心”で“健康”な「食」の提供を通じて、地域社会に貢献することを大きな目標としています。 そこにある当たり前の「モノ」と、地元の方が気づかずにいる「コト」の発掘から、日本の食文化の継承とあらたな創造、地域社会の活性化を進めていきます。 「あるものを売る」から、「求められるものをつくる」への発想の転換を図り、お客様のニーズを探り、商品をアジャストしていくことをお手伝いします。 ひとつの取り組みを、より強く、より固く、そしてより大きくしていくために、基本的な「思い」を、関係者のみなさんで共有していただき、自分たち自身の力で、自分たち自身のために、作り上げていただきくための仕組み作りを基本としています。 「食」と「農」を通じて、そこに関わる全ての人の幸せと喜び、そして感動を創造するために、あらゆる業種・業態の企業との戦略的な事業提携により、実現していきます。 また、近年は、6次産業化産品の海外販路開拓・拡大も手がけ、アジア圏を中心に海外への進出もお手伝いしています。
・・・(もっと読む)

米田佳代子(よねだかよこ)

Planning MAO 代表

居住地

愛媛県

職業

地域活性化コンサルタント

貢献できること

平成23年より6次産業化プランナーとして大臣認定9件の実績。(花卉1件・養殖魚1件・漁業関係3件・青果物2件・果物2件)幅広い経験と知見を活かしたアドバスに取り組み総合事業化計画の策定からマーケティングまでトータルでアドバイス。農泊推進事業(愛媛県・鹿児島県・島根県・新潟県・富山県)において農業観光メニュー開発、人材育成、観光プロモーションの実績多数。 規格外農産物、未利活用資源を活用した商品開発販路拡大支援を得意分野としています。生産者の意向に寄り添ったきめ細やかなアドバイスを図り、各種助成金・交付金提案を併用しながら、食を中心としたコミュニティーの活性化を目指し、加工や販路拡大により「食べていける一次産業再生」に取り組んでいきたいと思います。 支援地域受賞実績 ・平成26 年度「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成28年度「ふるさとづくり大賞 総務大臣賞」 受賞 ・平成28年度「優良公民館大賞 文部科学大臣賞」受賞 ・平成29年度中国四国農政局「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成30年度 農林水産省 「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成30年度 フードアクション NIPPON アワード 入賞
・・・(もっと読む)