6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

中尾克代(なかおかつよ)

アイティ経営研究所 代表

居住地

東京都

職業

コンサルティング

実績のある分野

野菜 その他

貢献できること

現在、熊本6次産業化サポートセンターに所属し、主としてIT化、情報発信、商品企画及び販路開拓の支援を実施しています。品質・環境・情報食品安全MSの審査員資格やITコーディネータの資格を保有し、事業全体における6次産業化の位置づけを考慮した支援を得意としています。また、東京駅や首都圏に売り場を持つバイヤーを誘致して、地域農家や観光地をつなぐマッチング事業等の企画も行い、被災後の発信も開始しました。 地方の農業者にとって、6次産業化を単品で突破することは非常にハードルが高いため、グループでコラボし、商品企画や情報発信を推進する「地域まるごと・いいものプロジェクト」を実施し、熊本の若手農家、人吉球磨地方と首都圏をつなぎ、販売会、展示会を実施しました。 また、昨年は京都府の京丹後地域におけるJGAP団体認証取得の支援を実施し、スマホアプリを利用したIT化による生産管理や、教育、内部監査等を行いました。
・・・(もっと読む)

淺沼ゆうか(あさぬまゆうか)

株式会社JEM 代表取締役副社長

居住地

東京都

職業

青果物納め、産地直送、経営戦略、ブランディング

貢献できること

外食向けのブランディング・周知活動、規格の見直し、国内販路開拓 販路拡大や物流・専門知識における講義、商談会マッチングサポート 生産者をモノづくりの技術者・プロフェッショナルと定義した上で、企画・営業・販売までを組み立てる人材の確保を優先すべきであり、各地域の商材をまとめて的確なターゲットにアプローチ化していく。更に、情報共有をしない古典的な思考から、協力し合う事で相乗効果を生み出す方向へシフトチェンジが必要である。また販売先・ターゲット層・目標販売数等、経営学からの観点で数字を計算し、最低限の予測データを作成する事で、ビリネスモデルの構築をし、地域全体をきちんと組織化する事が今後の課題であり、確実な実績につながる。SNSやアプリの利用を含め、よりリアルタイムな情報社会に対応する為には、適材適所の人材確保が重要になってくる。全ては「人」がモノを動かすからである。 外食では、作るプロ+売るプロ+料理人が良いチームを作れる事で、それぞれの腕が発揮され、「物が動く」仕組みへと繋がる。しかしながら、口座開設や物流における難関も多く、既に整っている仲卸の横の繋がりは大変有効活用する必要があると考える。
・・・(もっと読む)

森京子(もりきょうこ)

グローバルパスファインダーズ 代表

居住地

東京都

職業

商品企画、研究開発支援、海外販路開拓、機能性表示食品申請、web活用、マーケティング、PRなど

実績のある分野

野菜 酪農 豆類 麦類

貢献できること

これまで、食品成分の研究開発、末端商品の設計、製造(生産・品質管理)、販売、PR、販売後調査など、商品が消費者の手に渡るまでの全てのビジネスステージを経験してきました。”良いものを作るのは当たり前“の時代で、どんなマーケットに、どの様な形で消費者に価値をお届けするのかを、商品を作る前の段階から考えて行かなくてはなりません。 私は6次産業化の推進として、①マーケティングを重視した戦略の立案、②原料開発(化粧品分野も含む)・研究、③法令遵守、④産官学連携、⑤栄養士業務(レシピ開発、栄養計算、執筆など)、⑥申請書作成サポート、⑦IT利用促進などのご支援が可能です。
・・・(もっと読む)

金山宏樹(かなやまひろき)

株式会社シカケ 代表取締役

居住地

兵庫県

職業

ブランディング、集客支援

貢献できること

1、売上UP戦略 2、オリジナル商品開発(ヒットするご当地グルメ、物販商品等) 3、店舗運営 4、集客増加 5、お買い場改善及び制作 6、接客力向上 7、収益力向上 8、WEB集客支援及び制作 9、SNSの効果的な発信方法 10、メディア露出の方法(プレスリリース等) 11、その他甲が必要とする事項 等々含めたブランディング支援
・・・(もっと読む)