6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

清水健一(しみずけんいち)

(株)フード&ビバレッジ・トウキョウ 代表取締役

居住地

東京都

職業

酒類全般コンサルティング

実績のある分野

果樹

貢献できること

経験から、酒類全般(特にワイン、焼酎、梅酒、日本酒)の製造方法、商品開発、輸出入、販路開拓、工場設立などのコンサル、支援が可能。中央サポートセンターのプランナーとしてもワイナリー4件を立ち上げ完了または立ち上げ中(今後、立ち上げ後、最初の製造時に指導が必要)。
・・・(もっと読む)

長岡淳一(ながおかじゅんいち)

株式会社ファームステッド 代表取締役

居住地

北海道

職業

クリエイティブディレクター

貢献できること

これだけ物流が発達しインターネットが普及しても、全国各地にはまだ知られていないすばらしい産品が数多く眠っています。 地方・地域の独自性をアピールすることが重要な時代において、全国、海外という広い視点での発信力がある商品は多いとはいえない中、わたしたちはデザインブランディングによって地域や商品のブランド価値を高め、発信力を強化することで、商品にこめられた「おいしさと感動」を消費者に伝えてゆきます。 また、首都圏・全国・海外の人々に地域の特産品を通じた 「地方の食」をPRし、同時に訪れてもらうきっかけを提供。交流人口の拡大を目指すことで、地域産業の振興にも貢献してゆきます。 「デザイン」を使って地域ブランドの価値を高める、それが私たちの使命です。
・・・(もっと読む)

山下雄(やましたゆう)

AGURI DESIGN COMPANY 株式会社 代表取締役

居住地

静岡県

職業

IPEA国際技術士/APEC技術士(Bio)/技術士(農業部門)

貢献できること

農林水産業に関するコンサルティングを得意とし、作物の適性に合わせた土づくりや土壌改良/分析調査など、現場におけるあらゆる問題点を専門的な知識と経験からトータル的にアドバイスいたします。日本国内はもちろん国際資格を活かし海外でも活躍の幅を広げています。  文部科学省国家資格である技術士(農業部門 農芸化学)のなかでも、土壌肥料および土壌改良、肥料の品質の技術専門コンサルタントです。技術士国際基準のIPEA国際エンジニアおよびAPECエンジニアの資格も取得しております。土壌肥料および土壌改良、農産物の安定生産、食品製造場に即した対応が可能です。農産物等残渣および食品廃棄物等の未利用資源の有効利用化技術を提供できます。また、海外での指導も行っており、海外輸出および海外の課題等即戦力となる情報と課題解決を提供いたします。
・・・(もっと読む)

片桐(新之介)

合同会社C.SSSコーポレーション 代表社員

居住地

兵庫県

職業

営業、マーケティング

貢献できること

百貨店の勤務経験を活かし、どのようなブランディングやデザインが高級志向の方に響くのか、生鮮品の流通や加工品の企画段階から支援ができます。また百貨店や高級スーパーとの商流はどういう流れになり、どのようなことを生産者が気を付けるべきかということを支援できます。 また、販路支援や経営といったことだけでなく、「農家のこせがれネットワーク」を通じて、全国各地のに多様な課題に悩む農業者とのつながりを作り、農業者のモチベーションを高めていく支援が可能です。 飲食店経営、グリーンツーリズムの実施経験もあります。
・・・(もっと読む)

石本和治(いしもとかずはる)

1031(とうざい)ビジネスコンサルティング 代表

居住地

奈良県

職業

中小企業診断士(経営革新等認定支援機関)、経営コンサルタント、財務金融アドバイザー、販路コーディネーター等

貢献できること

➀百貨店、スーパーマーケット、食材宅配業などへの販路開拓支援 ➁経営戦略・マーケティング戦略の策定と実践支援 ➂新商品開発、販売促進策(HP等含む)、ブランディング、パッケージ開発等支援 ④商談会シート(FCPシート)作成によるマッチング支援
・・・(もっと読む)

雨間瑞秀(あめまみずひで)

山菊米穀店

居住地

東京都

職業

販路コーディネーター 

実績のある分野

貢献できること

新たな販路開拓、実需者とのマッチング等、経験と人脈を活かし よりスムーズに六次化を推進し、作付け品種の選定などもリスクを考慮しつつ、 合理的かつ戦略的なプランを提案していく。
・・・(もっと読む)

西野慎一(にしのしんいち)

ベジフルプロデュース 西野慎一 代表

居住地

奈良県

職業

青果関連事業コンサルティング及びマネジメント 

実績のある分野

野菜 果樹 豆類

貢献できること

6次産業化に取り組む農業者に対して、まず、農業者及び農業、作物等について「売り物」を見つけ、それを最大限に活用する方法を提案する。基本的な考え方としては、まず、生産方法の確認、次いで生鮮で販売する方法を考える。これまでの経験から、加工等にかけるコストを生鮮での販売にかけることで、かなりの部分売上げ、利益の向上につながる。そして、加工等の検討を行う。委託加工を活用するなど、リスクの低減を念頭に置く。最終的には農家の利益向上に貢献したい。
・・・(もっと読む)

江口弘一(えぐちひろかず)

(有)ハスネ江口商店 代表取締役

居住地

東京都

職業

米穀小売商

実績のある分野

貢献できること

米穀生産者の集約による圃場の拡大で増えた収穫量の販売先のアドバイス
・・・(もっと読む)

勝瀬典雄(かつせふみお)

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科兼任講師・有限会社ビジネスプランニング 代表取締役

居住地

東京都

職業

大学教員・栃木県6次産業化実践アドバイザー・ITコーディネーター・販路コーディネーター・公的事業プロジェクトマネージャー

貢献できること

各地の6次産業化に取組む農林水産業事業者に対する戦略策定・販路戦略・商品開発・販路紹介・法人組織化・補助事業提案等の実践事例を保有している。事例として平成29年度の6次産業化アワード奨励賞広域ネットワークを推薦者として受賞した「とちぎ農業ネットワーク企業組合」の6次産業化に取り組む事業戦略を策定、法人化から設備導入支援・商品開発・販路展開等の事業プロセスを支援した経験値等を活かした貢献が可能である。
・・・(もっと読む)

葉梨卓淑(はなしたかよし)

個人事業(食品企業サポート(インターネットジャーナル㈱・日韓ワールドセンター・木原屋)

居住地

茨城県

職業

流通アドバイザー

貢献できること

食品総合卸売業(中間流通業)で培った知識と経験が支援致します。 1.生産者様のおもい・こだわり/販売者様のMDを理解・把握しています。 目標達成の為にはトータル的な取り組みをする中間流通業の専門性(知識と経験)が不可欠になります。 2.生産者様に対する流通の商習慣・コストパフォーマンス・同業者/競合対策などの専門的な立場で支援できる強みがあります。 3.最大の効果を実現する体制・機能を醸成し、互恵関係を重視し、環境変化対応ができる仕組みをひとつひとつ確立し、経営戦略と整合性のある能動的トータルシステムで相乗効果を得ながら目的を実現していきます。
・・・(もっと読む)