6次産業化中央サポートセンター

竹下聖治(たけしたせいじ)

プランツフードシステム COO

居住地

福岡県

職業

有機JAS認証審査員・判定員、ISO9001審査員補

実績のある分野

野菜 果樹 酪農 肉牛

支援可能分野

農林水産物の生産技術 栽培方法,収穫方法,栽培品種等
新商品の商品設計 原料選定、レシピ・製法の確立、包装、デザイン

私が貢献できること

延べ35年間お世話になった、農業・食品界で培った経験と専門知識等のノウハウを活かし、現在活躍されている生産・加工等の従事者の皆様に対して、安心・安全・安定のための仕組み作りのご提案とお手伝いを行い、生産者・加工者の方々お互いに「満足いく」ゴールを目標に、まずは「納得いく」ところからスタートしていきたいと思います。
① 大前提として、関わらせて頂く生産者(グループ)の方々の経営状況の安定(儲かる仕組みの構築=無駄を省いて、収益構造の効率化をはかる)
② 現況を確認させて頂き、生産・収益の効率化のシミュレートと、事業マッチングを進めていきます。
③ 実際に、小職が栽培・加工現場に入り、一緒に役割分担と生産効率化のための仕組みを考えていきます。(畑から食卓まで=種苗確保、生産指導、使用資材、加工手配、最終商品・出口戦略等)

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
1987年-1996年 九州エリア 米・麦・トマト・イチゴ 農林水産物の生産技術(生産資材) 農薬・農業用フィルム等販売 佐賀県150,000千円、熊本県:120,000千円(各単年度販売実績)
1995年-1996年 九州エリア トマト・ナス・瓜類・イチゴ 農林水産物の生産技術(自然交配資材:マルハナバチ) 農薬販売(約60億円)の代替として、ヨーロッパ農業先進国に視察訪問、ベルギーバイオベスト社より風媒花にも訪花・交配をするバンブルビー(マルハナバチ)を国内導入、普及活動を行い、従来合成ホルモン剤(農薬)や手作業で交配処理を行っていた蜜のでないトマト、ナス、瓜類(一部イチゴ)に導入・普及し、自然交配、労力軽減の一翼を担った。
2007年-継続中 九州・北海道 有機農産物・有機飼料・有機加工食品・有機畜産物 有機JASの認証審査、認証サポート(コンサルティング)、JAS講習会の講師 九州・北海道において、有機JAS認証事業者の審査・認証取得サポート、JAS講習会を実施(利害関係が発生する先への審査は行いません。)結果、認証事業者の方々からの依頼で、有機農産物などの販売先への提案・マッチング業務、生産指導等のコミュニケーションのきっかけとなり、認証事業者様の作付設計・有機肥培管理、出口戦略のお手伝いや有機食品加工場からは、有機農産物原料の調達(作付依頼)や原料開発の依頼も増えてます。
2018年10月-2019年3月 福岡県・鹿児島県 有機農産物(有機長命草・有機赤なた豆) 申請書類等の作成 平成30年度海外農業・貿易投資環境調査分析事業補助金の平成30年度食品産業海外展開支援事業の承認申請を行い、承認・交付確定されました。 結果、当該補助金を活用して鹿児島県屋久島で有機農産物・有機飼料の認証を取得し、同グループの鹿児島工場、福岡工場の作業場登録及びグループ全従業員の知識習得のため、有機JAS講習会を開催した。この受講を機に、従業員の意識がさらに高まり、今後の衛生管理規格(HACCP、ISO22000/FSSC22000)の認証取得も視野に入っている。
2016年3月-継続中 福岡・佐賀・高知・北海道 有機菊芋・有機ダンデリオン(たんぽぽ) 農産物の生産技術・新商品企画・販路開拓 「安心・安全・体に良い」をコンセプトに原料・商品・販路開発を進めた企画です。 当初、佐賀県で作付スタートし、健康茶の原料として、有機認証工場へ販売。その後、別の有機加工認証取得の相談を受け、製薬会社の工場の有機JAS加工食品の認証取得のサポートをし、無事取得。その製薬会社より小職に、原料の相談があり、「有機菊芋」を提案。仮契約を行い、有機圃場の確保と作付設計、種苗の手配を行い、収穫を迎え、生産者からは全量買取で話をしていたので、実行。昨年より福岡でも作付けを行い、同様に全量買取契約で種苗の手配から一次処理工場への輸送まで一手に引き受けました。 菊芋は「白絹病」という病気が各エリアで発生しており、この対策・処理も有機JASで行える手立てを考え栽培管理を行っています。今年は製薬会社より約30,000千円の予約も頂いており、病気・気象を考慮し、リスクヘッジのため、高知県、北海道でも作付けを行っています。 また、新しい「安心・安全・健康に良い」のコンセプトの原料開発の一環として、「有機タンポポ」の試験作付を行っています。11月に福岡で開催される「妊活フォーラム」への試験出展を予定しており、タンポポが妊娠時のお乳の出がよくなるという効能から、妊活にも一翼を担えそうです。また、異業種連携として、鹿児島県指宿市の山川水産加工業協同組合組合のかつお節と有機シイタケ、有機みそを原料とした「ママにも赤ちゃんにも」とっても優しい、天然素材の「有機お味噌汁」や北海道の昆布と鹿児島のかつお節を原料とした「コンカツだし」いずれも、安心・安全の逸品も商品化・提案を準備中です。