6次産業化中央サポートセンター

椎葉彰典(しいばあきのり)

食の高付加価値化研究所 所長

居住地

新潟県

職業

6次産業化・食産業関連専門コンサルタント

支援可能分野

ブランディング 付加価値を高める工夫等
新商品企画 商品コンセプト立案、価格・販路・広告戦略立案
新商品の販路開拓 販売先、商品の提案方法
新商品の商品設計 原料選定、レシピ・製法の確立、包装、デザイン

私が貢献できること

約30年にわたり、食品流通業界の川上(食品メーカー)-川中(食品専門商社、食品卸)-川下(食品スーパー)での実務経験を積み、食品の商品開発・販路拡大・品質/工程管理に大きく関わって参りました。特に、食品の商品開発は、「企画—提案—商品開発—販促計画立案—販売—生産管理・品質管理・在庫管理」を実践してきました。また、食品工場の指導や視察も、国内外合わせて100か所以上行い、原料選定・調達、品質管理体制構築、作業マニュアルの標準化とチェック体制のほか、衛生管理、工程管理、在庫管理、労務管理、経理管理などの運営基盤を構築しました。
これらの実務経験を活かし6次産業化に取り組む農林漁業者のみなさまの「売れる・売れ続ける商品づくりと仕組みづくり」の支援を行っていきたいです。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2013/11-継続中 新潟県 ル レクチェ ブランディング、商品企画、商品開発、生産管理、工程管理、生産技術、在庫管理、衛生管理等各管理手法の支援 ルレクチェの未利用果実を使用した果実ペースト入り地サイダーを企画する。毎年、約4000本を完全売り切り。また、水平展開の「白根白桃」の地サイダーも販売中。