6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

肉牛

宮崎政喜(みやざきまさき)

エムズファクトリー合同会社 代表社員

居住地

東京都

職業

経営コンサルティング/料理人/加工食品専門家

貢献できること

当方はプロの料理人であり、加工食品開発の専門家でもある。菓子から惣菜、肉加工にレトルなど、幅広くプランニング支援が可能。また飲食店やアンテナショップを年間20件ペースでプロデュース・コンサルしており、利益が出せる飲食ビジネスを指導実施。更には当方 既存販路先があり、出口戦略を手厚くサポート可能である。
・・・(もっと読む)

江尻俊章(えじりとしあき)

(一社)ウェブ解析士協会 代表理事

居住地

東京都

職業

ウェブ解析士マスター

貢献できること

ウェブ解析によるユーザーの調査、競合の調査 ビジネス解析によるKPIの設定 マーケティングスペシャリストの紹介
・・・(もっと読む)

早坂徳敏(はやさかのりとし)

合同会社 事業計画 代表

居住地

北海道

職業

経営コンサルティング

貢献できること

北海道六次産業化サポートセンターのプランナー、企画推進員として道内一次産業事業者の六次化や経営課題解決の相談実績多数。関係機関と連携し総合化事業計画の申請も伴走支援。生産者と製造メーカーや販路と結びつけた商品開発。再生可能エネルギーサポート(バイオマス、ソーラー)。
・・・(もっと読む)

浜口夏帆(はまぐちなつほ)

LTGソリューション株式会社 事業コーディネーター

居住地

石川県

職業

事業コーディネーター

貢献できること

私は7年半の間、香港への輸出促進に従事し、バイヤーとのネットワークを築いてきました。またセミナーや展示会を開催する中で「輸出には興味がある、でも何から始めたらよいのか分からない」という方や、良さが海外のバイヤーに伝わらず成果に結びつかないという場面も多く見てきました。 輸出に取り組む始めの一歩から、見せ方や伝え方の工夫まで、輸出拡大を目指している事業者には具体的なアドバイスをして参りたいと考えています。また、ライセンスの問題で準備が進まない業者に対しても、さまざまな方法を提案して、輸出に繋げていきたいと思います。
・・・(もっと読む)

荻野浩幸(おぎのひろゆき)

カゴメ株式会社 課長

居住地

栃木県

職業

研究員

貢献できること

商品開発業務の経験を生かして、商品開発や商品価値訴求の手法を共有化し、事業基盤の強化に貢献できると考えます。また、長く生産現場の運営を推進してきたことから、生産現場における衛生度や生産効率の向上を支援し、品質事故の防止や収益構造の改善を図り、発展できる企業体質を構築することに貢献します。さらに最近増えている中国人実習生などとの中国語でのコミュニケーションにより、現場の活性化を図ることが出来ると考えます。
・・・(もっと読む)

竹下聖治(たけしたせいじ)

プランツフードシステム COO

居住地

福岡県

職業

有機JAS認証審査員・判定員、ISO9001審査員補

実績のある分野

野菜 果樹 酪農 肉牛 豆類

貢献できること

今年、農林水産省より、2050年に有機農業用の農地を100万ヘクタール(全体の約25%)に増やす目標などを盛り込んだ新たな農業戦略がだされた。 背景に環境意識の高まりと、有機農産物への需要が拡大している中で、今後、普及に関わる補助金などで支援する方向である。 小職はこの「有機農業」の拡大、持続可能な事業の取り組みに対して、全面的に協力を行います。 「有機JAS認証取得」のためのサポート支援をはじめ、輸出展開の支援サポートを重点的に進めていき、事業者の収益向上につながるサポートを行うことが可能です。 国内・海外の流通において、有機認証取得事業者の現状の問題点である、有機農産物の出口戦略と有機加工食品の原料確保これらの業界の悩みを統括的に、小社のもつ北海道から九州までのネットワークと情報を活用し、相互マッチングの支援と潤沢な流通体制を確保する。 特に欧米に比べ圧倒的に「有機加工食品」の事業者が少ないことがあり、専門的な加工や、有機のレシピ開発ができない現状もあり、小社はこれらの問題点を総合的に解決していきます。 また、有機に限らず、食品の加工工程で排出される食品残渣(有料で廃棄処理)を有効活用し、化学肥料に代わる有機たい肥や有機肥料原料として再利用し、持続可能な事業として、既に確立したこの技術を用いて、各工場、産地・事業者ののコスト改善・環境保全に役立つ仕組みを利用した事業を展開するための支援ができます。 
・・・(もっと読む)

花岡良輔(はなおかりょうすけ)

株式会社リエゾンビジネスサポート 代表取締役

居住地

大阪府

職業

経営コンサルティング

貢献できること

船井総合研究所にてにて一次事業者に対し、スイーツをはじめとする食品加工品の開発ならびに販路開拓、業態開発、活性化のコンサルティングを10年以上行ってきた経験があります。特に「一次産業×観光マーケット」のビジネスでは多数の成功事例があります。事業計画の立案から戦略→戦術→戦闘レベルまで、一貫したサポートを展開します。自社で加工品製造が困難な場合は、過去取引のある食品製造業とのマッチングを行い、食品・飲料分野では大半の商品カテゴリーでの開発サポートが可能です。
・・・(もっと読む)

野田順三(のだじゅんぞう)

自営業

居住地

和歌山県

職業

コンサルタント(国際ロジステイック、販路開拓、海外展開)

貢献できること

ジェトロでのアドバイザー/コンシェルジュとしての約3年間、地域の中小農水産企業の皆さんのご商品の開発、差別化、価格競争力強化や輸出国の規則・規制等々を助言し、海外展開への導きをハンズオンで支援して来ました。2019年3月末で70才退任しましたが、引続いて多くの懇意な農水産企業の皆さんの海外展開(輸出入や進出)を支援し夫々の企業基盤の安定に寄与出来ればと思っている次第です、中小企業の皆さんは概して海外での展示会や商談会へ参加され新市場への糸口を捉まれるのですが、キーは”その後”の実務(英語交信、契約条件、輸出国規則、コスト把握)を担える人材や知識が不足する中でチャンスを逃がすケースを見て来ており、この辺りでの支援が欠かせないと実感して来た次第です。
・・・(もっと読む)

庄司和弘(しょうじかずひろ)

ホライズンコンサルティンググループ株式会社 代表取締役

居住地

宮城県

職業

経営コンサルタント

貢献できること

生産者の6次産業化は、「所得の向上」や「後継者の育成・獲得」を本来的に目指したものでなければなりません。そしてそれらを志向した日々の活動は、構想したビジョンや目標を実現する活動であり、それは絶えず消費の場からイメージされた取り組みである必要があります。  「作る」から「売る」までのグラデーションをたどっていくフロンティアな活動は、時に厳しく、時に自らを成長させ、喜びを享受する活動であります。そしてその活動を継続させるためには人、モノ、カネなどの経営資源の獲得が必要となってまいります。  その生産者の新しく、厳しくもワクワクする取り組みを、「地域で保有する資源との連携」、「消費地としての都市圏との連携」、「消費者との連携」などのつながりの構築、またその取り組みを補完する「各種助成金の取得」などを、生産者の前に進む歩幅を大切に、そして丁寧に支援していきたいと思っております。  生産者が自信と夢と希望を取り戻し、それを実現する活動に「真摯に深くかかわること」を活動理念とし、震災により大きな被害を受けた農林漁業者の6次産業化、その販路としての首都圏やアジア圏への販売を支援しております。
・・・(もっと読む)

松本謙(まつもとゆずる)

ファーマーズフォレスト コンサルタンツ株式会社 代表取締役

居住地

東京都

職業

中小企業診断士

実績のある分野

野菜 果樹 酪農 肉牛

貢献できること

エグゼクティブプランナー制度において私が貢献できることは、何より私自身が支援専門家、6次産業化実践者、出口戦略事業の企業経営者であることに伴う、実践的な経営戦略支援であると考えております。特に私は、従来型の「個別の商品開発」という6次産業化概念ではなく、地域連携による広義の6次産業化概念や「交流型6次産業化」という事業スキームの提案をしてまいりました。平成23年から始まりました6次産業化プランナーとしての支援現場でも、あくまでも6次産業化は目的ではなく「本業の経営改善の仕組みづくり」のためのツールであると主張し、時には個別の商品開発事案を否定することもありました。 真の6次産業化成功事例は、サービス購入者が動機づけられる商品やサービスを常に意識しており、更には、事業におけるリスクと利潤のバランスを客観冷静に捉えいることに特徴があると考えます。そうした実践感は、やはり机上や理論では得られにくく、事業経営の中から見えてくることも多いため、こうしたことから私自身の経験値がこのエグゼクティブプランナー制度でお役に立てるとすれば、そのような「実践感」からの支援なのではないかと考えております。
・・・(もっと読む)