6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

植物工場

臼井真美(うすいまみ)

株式会社クリアリンクファーム 代表取締役

エリア

神奈川県

職業

経営コンサルティング、販路開拓、財務会計、ブランディング

貢献できること

自身が専業農家出身で農業現場の20年に渡る経験があり(現在も販売農家としての実業部も運営)、農地法にも精通し農家目線での支援を信条とします。 「幸せな食卓」をつくることが目指す理念で、支援実践経験は10年間で300事業を超えます。新規就農創業から上場企業支援までの経験を有し数値的な根拠をベースに利益の出る事業にします。 1次産業は、露地野菜、果樹、穀物、魚からきのこに至るまで広く支援実績があり、農産物原料から6次化連携、新商品開発、ブランディング、農福連携、地域丸ごとコーディネート海外支援までワンストップで最適の支援をさせていただきます。
・・・(もっと読む)

毛賀澤明宏(けがさわあきひろ)

株式会社 産直新聞社 代表取締役社長

エリア

長野県

職業

出版編集、直売所コンサルティング、地域づくりコーディネーター

貢献できること

専門誌「産直コペル」の編集発行で構築したネットワークの力と、全国の6次化先進地取材や個別農家・直売所・地域・都道府県・各種企業の6次化サポートを通じて蓄積したノウハウを活かして、戦略立案から人材育成、直売所・加工所・農の拠点などの具体的な運営指導までトータルにサポートできます。近年は、都道府県単位での6次産業化に関わる人材育成セミナーを多くお手伝いしており、直売所や加工所の立ち上げ、売上げ改善、高齢化対策、データ活用、生産履歴の記録と管理、新商品開発、ラベル改善などほぼ全領域をカバーしています。地域づくりについて何でも相談してください。
・・・(もっと読む)

加藤寛昭(かとうひろあき)

食と農研究所 代表

エリア

千葉県

職業

中小企業診断士

貢献できること

商工と農の両方を経験:ライオン㈱時代には食品の営業(販売部長)から商品開発を担当。いわゆる物づくりから販売までを経験しその間に、実務を通じてマーケテイングの実践を体験。また、管理部長として食品工場の生産管理や労務管理も担当。 その後オムロンが子会社を通じて農業(現在でいう太陽光利用型植物工場)に参入するに当たり、ライオン時代の経験を活かして農産物のブランディングや販売を担当。その際、農産物は市場流通に頼らず、全量を直接販売で消化。当時としては珍しい“建値制度”を農産物に採用して価格設定権を農側で確保。農産物の直接販売という農業では異色の販売チャネルを構築。 その後、中小企業診断士として独立をし、商工での物づくりと販売、そして農業における流通開発等の経験を活かして、現在は農業分野に軸足を置いたコンサルタントとして活動。このように商工と農の両面での経験を活かして農家の支援に当たることができるのが強み。
・・・(もっと読む)

荻原慎介(おぎはらしんすけ)

百果苑 代表

エリア

山梨県

職業

生産・販売等

貢献できること

自身が農業経営の中で六次産業化を実践し、農家による六次産業化の目線でサポートが出来ます。
・・・(もっと読む)

斉藤温文(さいとうあつぶみ)

株式会社びいと六十 代表取締役

エリア

埼玉県

職業

中小企業診断士(「販路開拓の支援」&「新規事業の立上げ」)

貢献できること

私は「地域資源」を応援すべく「地域資源の会」を立ち上げ15年余となります。 「地域資源の会」(今年6月3日で100回目)は各地域で踏ん張っておられる「中小企業の経営者」を中心とし集りです。加えて「発酵の研究者」「鮮度保持の技能者」「こだわり食品店の経営者」などをお招きし、個々のプロジェクトにおいて、それぞれの得意分野におけるサポートをお願いしています。「地域資源の会」としての総合力が強みです。
・・・(もっと読む)

戸塚昭宏(とつかあきひろ)

宮崎戸塚 代表

エリア

宮崎県

職業

販路コーディネーター・野菜ソムリエ講師

実績のある分野

野菜 植物工場

貢献できること

生産者が農産物の生産だけにとらわれず、1次加工、2次加工を行い、農産物をいかに付加価値を付け有利な販売を行うか。例えば、馬鈴薯のそうか病、廃棄しか方法がなっかったが、皮をむくことで、製品としての販売が出来、カット野菜工場棟からは、ゴミが出ないと、喜ばれる。
・・・(もっと読む)

久池井博(くちいひろし)

大豆エナジー株式会社 事業部長

エリア

福岡県

職業

販路開拓支援、マーケティング&ブランディング、営業・販売戦略指導

貢献できること

果実堂(熊本の農業ベンチャー)では、6年半の営業推進の責任者をしており、約25倍の売上げと、220社以上の取引先の開拓をしてまいりました。 よってバイヤーや食品部長などには顔が利きます。 また味香り戦略研究所ではマーケティングと市場開拓の責任者や役員をしておりましたので地方自治体などの食品産業企業会などの味覚やパッケージ、その味覚ポジショニングからバイヤーや消費者に対して、どのように商品の魅力を訴求するかなどの今sだルティングをしておりましたので、見せ方、訴求の仕方、売り込み方などを指導できます。
・・・(もっと読む)

木村俊朗(きむらとしろう)

スモールマーケティングオフィス合同会社 マーケティングコンサルタント

エリア

神奈川県

職業

マーケティングコンサルティング、セールスプロモーション

貢献できること

私は30年以上食品を中心としたマーケティング、販売促進の仕事に関わってきました。現在のスモールマーケティングオフィス合同会社ではマーケティングを専門分野に全国の農林漁業者や関連する中小企業の経営を支援する仕事に携わっています。農林漁業の6次産業化は事業者の所得拡大にとどまらず、地域雇用の創出や地域資源を活用した特産品ブランドの育成、観光開発など、様々な事業体との連携で地域産業の活性化と深く関わりあっています。商品開発・価格政策・販売戦略・プロモーションといったマーケティング機能を、わかりやすい言葉で伝え、具体的なアイデア・方法を提案し、自分の商品・サービスに自信を持って取り組んでもらうことが今の私の仕事です。
・・・(もっと読む)

二戸弘幸(にとひろゆき)

ロスチャイルド・ジャパン株式会社 シニア・エグゼクティブ 国内M&A担当 本部長

エリア

神奈川県

職業

投資銀行業務、M&Aアドバイザー

貢献できること

 6次産業化において、事業化に向けた目的・ビジョンとそれを達成するための事業コンセプト、ビジネスモデルの検討、社内体制の確立、資金調達等の検討課題に対して、これまでのM&A業務他アドバイザー業務の経験を活かし、農林漁業者により具体的なアドバイスのご提供と、食品、物流、サービス、外食、流通等幅広い企業とのネットワークを構築しており、これらの企業との連携等もご提案できると考えております。
・・・(もっと読む)

川合和明(かわいかずあき)

藍青ジャパン株式会社 代表取締役社長

エリア

大阪府

職業

農業経営コンサルタント

実績のある分野

野菜 果樹 植物工場

貢献できること

農林漁業にビジネスの発想を取り込むこと。6次産業化には売り物開発・売り先開発・売り方開発を三位一体で展開していくことが不可欠です。サラリーマン時代の実務経験(食品・酒類・原料素材・スキンケア分野での商品開発や販路開拓、販促・広報及び海外ビジネス等)を活かし、「地に足ついた」セオリーなマーケティング起点の6次産業化支援を推進していきます。
・・・(もっと読む)