6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

養豚

辻村英樹(つじむらひでき)

株式会社コンサルティングオフィス辻村 代表取締役

エリア

北海道

職業

中小企業診断士、1級販売士

貢献できること

デザイナーやフードコーディネーター、広告代理店等のネットワークを活用したヒット商品開発と、3年間のアンテナショップの運営経験を活かした販路開拓で特に貢献できると考えています。
・・・(もっと読む)

堀田美華(ほったみか)

株式会社津々浦々

エリア

東京都

職業

栄養士

貢献できること

畜産加工食品メーカーにて女性が欲しくなる目線で、量販店向けの畜産加工品やコンビニエンスストアでのおでん商材の企画開発を担当後、飲食店チェーン展開企業で加工品バイヤーを経験しました。バイヤー時は数多くのメーカーや卸会社から提案を受け、バイヤーとして特に業務用商材でどんなものが求められるのか、売れるのか、その目線を養いました。2016年に一般社団法人コミュニティキッチン・イニシアティブを設立。理事、並びにコンテンツプランナーとして企業や自治体と協業し、きちんとお金になり実績として謳えるワークショップの企画運営に携わっています。また2018年からは全国の6次産業化支援を行う株式会社津々浦々にも所属。各専門家が全国から情報を集めてきますので、その情報や販路も活用して支援が可能です。 また栄養士の資格も所有しており、商品開発において美味しさや栄養を意識した開発支援も可能です。
・・・(もっと読む)

臼井真美(うすいまみ)

株式会社クリアリンクファーム 代表取締役

エリア

神奈川県

職業

経営コンサルティング、販路開拓、財務会計、ブランディング

貢献できること

自身が専業農家出身で農業現場の20年に渡る経験があり(現在も販売農家としての実業部も運営)、農地法にも精通し農家目線での支援を信条とします。 「幸せな食卓」をつくることが目指す理念で、支援実践経験は10年間で300事業を超えます。新規就農創業から上場企業支援までの経験を有し数値的な根拠をベースに利益の出る事業にします。 1次産業は、露地野菜、果樹、穀物、魚からきのこに至るまで広く支援実績があり、農産物原料から6次化連携、新商品開発、ブランディング、農福連携、地域丸ごとコーディネート海外支援までワンストップで最適の支援をさせていただきます。
・・・(もっと読む)

加藤寛昭(かとうひろあき)

食と農研究所 代表

エリア

千葉県

職業

中小企業診断士

貢献できること

商工と農の両方を経験:ライオン㈱時代には食品の営業(販売部長)から商品開発を担当。いわゆる物づくりから販売までを経験しその間に、実務を通じてマーケテイングの実践を体験。また、管理部長として食品工場の生産管理や労務管理も担当。 その後オムロンが子会社を通じて農業(現在でいう太陽光利用型植物工場)に参入するに当たり、ライオン時代の経験を活かして農産物のブランディングや販売を担当。その際、農産物は市場流通に頼らず、全量を直接販売で消化。当時としては珍しい“建値制度”を農産物に採用して価格設定権を農側で確保。農産物の直接販売という農業では異色の販売チャネルを構築。 その後、中小企業診断士として独立をし、商工での物づくりと販売、そして農業における流通開発等の経験を活かして、現在は農業分野に軸足を置いたコンサルタントとして活動。このように商工と農の両面での経験を活かして農家の支援に当たることができるのが強み。
・・・(もっと読む)

鈴木徳子(すずきとくこ)

ブランシェ国際知的財産事務所

エリア

東京都

職業

弁理士 

貢献できること

認証マークを活用したブランディングに貢献可能。地理的表示、iTQi、モンドセレクション等の認証マークや特許や商標等の知的財産を活用したブランディング支援が可能です。
・・・(もっと読む)

井上和馬(いのうえかずま)

株式会社カンブライト 代表取締役

エリア

京都府

職業

商品開発コンサルティング

貢献できること

作ることが目的ではなく「売れる商品に育てる」商品開発のお手伝いをしております。缶詰、レトルトパウチ、瓶詰など常温で長期保存できる食品の新商品開発とマーケティング戦略を組み立てることができます。小ロットでリスクを抑えながら仮説と検証を繰り返すアジャイル・マーケティング型の商品開発にご興味があればご連絡ください。
・・・(もっと読む)

村上一幸(むらかみかずゆき)

株式会社ケミストリー 代表取締役社長

エリア

神奈川県

職業

経営コンサルタント、中小企業診断士、事業再生士、農業経営上級アドバイザー

貢献できること

プロデューサーとして上位方針である経営・事業から、マーケティング(商品企画・開発、販路開拓)、加工場の衛生管理までの一貫性が保たれた戦略・計画を策定し、農林漁業者が明確なコンセプトのもとマネジメントサイクルがしっかり回すことができるよう、実行性を高める支援を行います。当然、その範囲が一部の支援であってもモグラ叩きにならないよう意識し、伴走型支援をしっかり行います。地域活性化にも取り組んでいるので、集合体としての6次化事業体の支援も可能です。現状の資金繰り状況や今後の必要資金を明確にし、短期的ではなく長期的に継続される事業の確立と成長を総合的に支援し、持続性ある農林漁業及び食農連携に貢献します。
・・・(もっと読む)

太地由美(たいちゆみ)

一般社団法人日本フードラボ&トレーニング協会  代表理事

エリア

愛知県

職業

フードビジネスコンサルタント

貢献できること

農林水生物の加工・流通販売を一体的に行い、農林漁業者と行政・商工業者が連携して事業を展開する、6次産業化をお手伝い致します。 商品開発、メニュー開発・試作、レシピ提案、加工オペレーション及び衛生工程管理、 加工施設の設計・導入機器選定・活用法、食店運営等の農林漁業の可能性を広げる取組みを支援します。
・・・(もっと読む)

栗田剛志(くりたたけし)

有限会社m9コンサルティング 代表取締役

エリア

神奈川県

職業

中小企業診断士

貢献できること

片岡物産株式会社で15年間営業に従事し、食品の流通するチャネルをすべて経験した。 特に、コーヒー、紅茶、酒といった嗜好品、チョコレートやケーキといった洋菓子における商品開発と販路開拓を得意とする。 また、店頭での販促策立案や売場の構築で多くの実績を持つ。百貨店内や商業施設内のショップ立上げ、物産展等での催事販売、展示会出展による新規顧客開拓について、具体的なアドバイスをすることができる。 ブランド戦略にも精通し、その確立から育成、イメージ戦略までを実践。 2011年4月より、中小企業基盤整備機構のチーフアドバイザーとして、農商工連携および地域資源活用における法認定に向けた事業計画のブラッシュアップ並びに認定取得後のフォローアップ支援に従事。栃木県内で9つの案件で認定を受けた。現在も継続中である。 顧客ニーズを踏まえた商品開発(価格設定、パッケージデザイン等)、ブランディング、販路開拓といった、実施する事業や開発する商品の「出口」を捉えながら支援を行うことができる。
・・・(もっと読む)

飯田正樹(いいだまさき)

(株)アイフードプランニング 代表取締役

エリア

愛知県

職業

フードコンサルティング・バイヤー・輸出・小売

貢献できること

今まで北は北海道南は鹿児島まで全国の生産者にあってきました・・その際現地に行かなくては知らないものや良い食材に出会うことが出来ない事を知りました。ネット社会で調べればある程度は解りますが真髄ではありません。元調理師から仕入れ会社を立ち上げ色々な食材や商品をバイヤーとして経験してきました。生産者は良いものを作るプロですが販路や商品ブランディングを儲かる・売れる商品になるようにサポートしていくべきと思っています。 全国の生産者さんから食材を仕入れたり、加工商品(PB商品等)を作成し飲食店や問屋さん等に繋げたりしていました。 元調理師を活かし商品開発もしており、産地の良さを首都圏に伝えていましたの今後はで輸出にも精力を注ぎたいと考えております。 6次化産業に取り組む農林漁業者等に対し貢献出来るよう親身に考えていきたいと思います。 以上
・・・(もっと読む)