6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

養豚

椎葉彰典(しいばあきのり)

食の高付加価値化研究所 所長

居住地

新潟県

職業

6次産業化・食産業関連専門コンサルタント

貢献できること

約30年にわたり、食品流通業界の川上(食品メーカー)-川中(食品専門商社、食品卸)-川下(食品スーパー)での実務経験を積み、食品の商品開発・販路拡大・品質/工程管理に大きく関わって参りました。特に、食品の商品開発は、「企画—提案—商品開発—販促計画立案—販売—生産管理・品質管理・在庫管理」を実践してきました。また、食品工場の指導や視察も、国内外合わせて100か所以上行い、原料選定・調達、品質管理体制構築、作業マニュアルの標準化とチェック体制のほか、衛生管理、工程管理、在庫管理、労務管理、経理管理などの運営基盤を構築しました。 これらの実務経験を活かし6次産業化に取り組む農林漁業者のみなさまの「売れる・売れ続ける商品づくりと仕組みづくり」の支援を行っていきたいです。
・・・(もっと読む)

杉本淳(すぎもとじゅん)

株式会社暮人 代表取締役

居住地

大阪府

職業

事業コーディネート、プロヂュース

貢献できること

地域主体を主語に地域資源を活用した地域振興として、地域ブランド化やそれにつながる商品開発等を実施している。高槻の事務所は地域商材のセレクトショップにもなっている。弊社自身としても丹波篠山の黒大豆や丹波の大納言小豆の生産を通じたブランド化(商品化・販路開拓)も展開中。このような経験を活かし、事業者主体の6次産業化の多面的支援(経営効率化、商品開発、新規販路開拓、テストマーケティング等)が可能である。
・・・(もっと読む)

渡邉真祐(わたなべしんゆう)

株式会社テンプルボーイ 代表取締役

居住地

東京都

職業

飲食店経営者

実績のある分野

野菜 果樹 酪農 肉牛 養豚 養鶏 ジビエ

貢献できること

農商工連携サポートセンターの元理事として、地域食材を使用したイベントを自店舗で開催してきた経験から、生産者と消費者の懸け橋になるレストラン「東京オーブン」を都内にて3店舗経営しています。外食のプロの視点から、東京の消費者のニーズを適切にアドバイスいたします。
・・・(もっと読む)

岸菜賢一(きしなけんいち)

きしな屋

居住地

大阪府

職業

商品開発アドバイザー、販路開拓コーディネーター

貢献できること

地域資源を活かした新商品開発や販路開拓に貢献します。 製造メーカー時代の経験と現在の小売業の経験から「作り手」と「売り手」双方のメリット・デメリットをアドバイスさせて頂きます。 また現在小売業を営み「使い手」の声をダイレクトに反映することが可能なため、机上の空論に終わることはありません。より愛される商品を一緒に開発させて頂きます。 こだわり食品店のバイヤーとして全国を飛び回る経験・知識・人脈を活かして、参考事例も多くご提案出来ます。 バイヤー目線での商品企画案や売り込み方もご支援させて頂きます。 これまで製造に携わった経験・知識から、作り手に寄り添ったサポートを重視しながらも、現在の小売業で培ったバイヤーやエンドユーザーの求めるリアルな声を反映して、商品企画から製造アドバイス、販路開拓もしくは当店での販売までトータルでご支援させて頂きます。
・・・(もっと読む)

猪口由美(いのくちゆみ)

オンワード・マルシェ 統括バイヤー/フードライター

居住地

東京都

職業

販路コーディネーター、商品開発アドバイス

貢献できること

通信販売のバイヤーとライター歴20年。取り扱う商品についてはすべて現地に足を運び生産者を取材、製造工程の確認と品質管理、衛生チェック、商品開発等を行ってきました。取材してきた生産者さんは延べ2100名以上。試食してきた数は2万食以上。生産者さんとお客様の声をダイレクトに聞ける仕事をしてきた経験を生かして、生産者さんが今手にしている食材をどうやったらより多くの方に届けられるかを、商品開発を含めアドバイスさせていただけたらと思います。
・・・(もっと読む)

加藤寛昭(かとうひろあき)

食と農研究所 代表

居住地

千葉県

職業

中小企業診断士

貢献できること

商工と農の両方を経験:ライオン㈱時代には食品の営業(販売部長)から商品開発を担当。いわゆる物づくりから販売までを経験しその間に、実務を通じてマーケテイングの実践を体験。また、管理部長として食品工場の生産管理や労務管理も担当。 その後オムロンが子会社を通じて農業(現在でいう太陽光利用型植物工場)に参入するに当たり、ライオン時代の経験を活かして農産物のブランディングや販売を担当。その際、農産物は市場流通に頼らず、全量を直接販売で消化。当時としては珍しい“建値制度”を農産物に採用して価格設定権を農側で確保。農産物の直接販売という農業では異色の販売チャネルを構築。 その後、中小企業診断士として独立をし、商工での物づくりと販売、そして農業における流通開発等の経験を活かして、現在は農業分野に軸足を置いたコンサルタントとして活動。このように商工と農の両面での経験を活かして農家の支援に当たることができるのが強み。
・・・(もっと読む)

太地由美(たいちゆみ)

一般社団法人日本フードラボ&トレーニング協会  代表理事

居住地

愛知県

職業

フードビジネスコンサルタント

貢献できること

農林水生物の加工・流通販売を一体的に行い、農林漁業者と行政・商工業者が連携して事業を展開する、6次産業化をお手伝い致します。 商品開発、メニュー開発・試作、レシピ提案、加工オペレーション及び衛生工程管理、 加工施設の設計・導入機器選定・活用法、食店運営等の農林漁業の可能性を広げる取組みを支援します。
・・・(もっと読む)

栗田剛志(くりたたけし)

有限会社m9コンサルティング 代表取締役

居住地

神奈川県

職業

中小企業診断士

貢献できること

片岡物産株式会社で15年間営業に従事し、食品の流通するチャネルをすべて経験した。 特に、コーヒー、紅茶、酒といった嗜好品、チョコレートやケーキといった洋菓子における商品開発と販路開拓を得意とする。 また、店頭での販促策立案や売場の構築で多くの実績を持つ。百貨店内や商業施設内のショップ立上げ、物産展等での催事販売、展示会出展による新規顧客開拓について、具体的なアドバイスをすることができる。 ブランド戦略にも精通し、その確立から育成、イメージ戦略までを実践。 2011年4月から2019年3月まで、中小企業基盤整備機構のチーフアドバイザーとして、農商工連携および地域資源活用における法認定に向けた事業計画のブラッシュアップ並びに認定取得後のフォローアップ支援に従事。栃木県および群馬県において30の案件で認定を受けた。 顧客ニーズを踏まえた商品開発(価格設定、パッケージデザイン等)、ブランディング、販路開拓といった、実施する事業や開発する商品の「出口」を捉えながら支援を行うことができる。
・・・(もっと読む)

内場幸広(うちばゆきひろ)

経営コンサルタントオフィス アクシス 代表

居住地

福岡県

職業

中小企業診断士

貢献できること

平成23年度よりふくおか6次産業化・農商工連携サポートセンターの実施運営業務に携わってきました。研修会、シンポジウム、交流会、商談会を開催し、また6次産業化プランナーとして6次産業化に取り組む農林水産業者に対して商品開発、販路開拓及び事業計画の策定支援行ってきました。 同時に、プランナーとして蓄積した知見や経験に基づき、また中小企業診断士として、持続可能な6次産業化事業の構築に貢献したいと考えています。
・・・(もっと読む)

福山映子(ふくやまえいこ)

株式会社やどるくるむⓐ 代表取締役

居住地

熊本県

職業

商品開発と販路開拓コンサルタント事業、支援機関専門家、有料人材紹介事業など

貢献できること

2010年独立以来、商品開発・販路開拓のコンサルティングとコーディネーターなどを生業として、支援機関専門家、熊本県6次産業化サポートセンターの専門家として、また法人・個人、自治体・関連団体と直接契約をいただきながらご支援をしてきました。これまでの6次産業化支援で特に力を入れてきたことは「強みを活かし合える機能的な連携体構築」ですが、これにより実践的な支援・成果を上げることができました。今後も私の強みである多様な異業種とのネットワークを活かした、より実践的な支援をしていきたいと思っています。
・・・(もっと読む)