6次産業化中央サポートセンター

田﨑聡(たさきさとし)

NPO法人食の風 代表理事

居住地

沖縄県

職業

食農連携コーディネーター、6次産業化プランナー

支援可能分野

新商品企画の情報収集・分析 市場・競合分析、ターゲット設定等
新商品の商品設計 原料選定、レシピ・製法の確立、包装、デザイン
新商品の販路開拓 販売先、商品の提案方法
ブランディング 付加価値を高める工夫等

私が貢献できること

 平成23年より6次産業化プランナーとして支援を行っている。特に、沖縄県では統括プランナーとして講演等も行っている。この経験を活かして具体的な課題、課題解決方法、行政との関わり方、ターゲット等を6W3Hに基づき事業者とともに構築していくことが大切であると考える。全国同じような商品が出揃ってきている中で、持続可能性のあるデザイン、価格、付加価値をどうつけていくかが肝心である。そのための認定基準等を設定し、地域特性を見出すことを得意としている。
得意な分野は、薬用作物、畜産、ハーブなど。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2012-2012 沖縄県石垣市うるずんファーム、ゆいまーる牧場、島藍農園石垣島SUNファーム 養鶏 肉用牛 琉球藍 果樹(パイナップル) スモークチキン、ハンバーグ、藍染工芸バック、冷凍パイナップル ・うるずんファームは石垣黒鶏ブランドのスモークチキンによって安定供給 ・ゆいまーる牧場は、肉用牛のハンバーグ生産によって売上3倍増となった ・島藍農園は琉球藍による藍の工芸品の出展依頼が増加、 ・石垣島SUNファームはパイナップル工場を新設、さらに圃場を増設、売上は4倍となり、農林水産大臣賞を受賞する
2013-2013 沖縄県石垣市ミルククラウン、伊盛牧場、石垣島胡椒園、 沖縄県名護市ネクストステージLLC 勝山シークヮーサー 酪農(ジャージー)酪農(ホルス)薬用作物ハーブ 落花生栽培果樹(シークヮーサー) ジャージー牛のジェラート、マンゴージェラート、ハーブジャムとピパーツ、ピーナッツバター、シークヮーサージュース
2015-2015 沖縄県本部町もとぷらす 東村まんまるちんすこう 今帰仁村今帰仁アグー 糸満市福まる農場 宮古島市シーフォーグループ 酪農(山羊) 果樹(パイナップル)養豚(アグー豚)養豚(きびまる豚) 工芸作物(アロエ) 山羊乳によるクッキー、パイナップルのちんすこう、アグー豚によるラルド、さとうきびのバガスによる豚、アロエによる化粧水 ・もとぷらすは山羊乳による山羊クッキーを生産加工販売し、道の駅で販売。売上は微増だがヤギ肉の販売が好調 ・まんまるちんすこうは、パイナップルによるちんすこうの生産、加工、販売で新店舗開設、売上は2倍ほど ・今帰仁アグーは、アグー豚の背脂の加工によってラルドを開発、現在提携店5店舗にて売上増となっている ・福まる農場のきびまる豚は、新設のHACCP対応の養豚場でのさとうきびバガスの飼料による豚のハム等を生産・加工・販売。売上は4倍となる