6次産業化中央サポートセンター

岩本真理子(いわもとまりこ)

岩本真理子

居住地

兵庫県

職業

商品開発コンサルタント

支援可能分野

新商品企画 (例)商品コンセプト⽴案、価格・販路・広告戦略⽴案
商品設計 (例)原料選定、レシピ・製法の確⽴、包装、デザイン等
ブランディング (例)付加価値を高める工夫等
販路構築 (例)商品に適した販売先提案、紹介等

私が貢献できること

最も得意とする分野は新商品開発・マーケティング・ブランディング・レシピ開発です。約13年間にわたる洋菓子メーカーでの商品企画・マーケティング業務経験から、商品づくりの具体的なノウハウがあります。全国各地で数多くの支援経験があり、生産者の方々が資源と強みを最大限に発揮出来るように、販路やターゲットの設定、使用シーン、レシピ、パッケージデザイン、ストーリーなど商品づくり全般において、幅広くアドバイスと提案をいたします。新商品だけでなく、既存商品の見直しやブラッシュアップについても、現状を丁寧にヒアリングすることによって、課題を洗い出し、新たな視点からアドバイスと提案をいたします。
また長年にわたる主婦としての生活実感もあることから、今の消費者の様々なニーズにフィットするよう、ユーザー感覚をもってきめ細やかにアドバイスいたします。


■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2015/08- 島根県 さつま芋 新商品開発 自社栽培のさつま芋のロスから製造した冷凍サツマイモペーストを活用した新商品開発支援および商品設計の実施。
2015/11- 島根県 鶏卵 新商品開発 プリンや惣菜、ギフト商品などの商品開発支援。
2016/1-2016/1 兵庫県 野菜・果物 新商品開発 神戸・阪神地域 農業経営士・女性農業士・青年農業士合同研修会における講演会・ワークショップの実施(阪神農業改良普及センター主催)
2016/3-2016/12 兵庫県 山椒・トマト 新商品開発 兵庫県産の山椒を使用した商品の企画開発および商品設計の実施。 トマトを使用した商品のレシピ開発。 大阪高島屋百貨店での販売促進イベントの実施。
2016/11-2017/7 兵庫県 新商品開発(総合化事業計画) 自家栽培の米を活用した「切り餅」の新商品開発支援。平成29年度総合化事業計画の認定。
2017/11-2017/11 岐阜県 果物 新商品開発 岐阜県内の公立高校にて教職員を対象とした新商品開発セミナーを実施。
2018/1-2018/1 滋賀県 新商品開発 商工会女性グループによる特産品開発セミナーおよび品評会の実施。
2018/1-2018/3 京都府 赤米 新商品開発 京都大学大学院主催の赤米シンポジウムにおいて赤米を使用したスイーツの提案・試食会の実施。
2018/1-2018/02 滋賀県 ボイセンベリー 新商品開発 ボイセンベリーを使用したジャムなどの商品開発支援
2019/04/16-2019/06/04 大阪府 おから 新商品開発・ブラッシュアップによる新規販路開拓 おからを使用したマフィンのブラッシュアップ。商品サイズや包装形態の改善を提案、品質検査を経て賞味期限を延長した。一連の改善によって新たな顧客ターゲットを掘り起こし、新規販路開拓につなげた。
2019/08/29-2020/03/31 兵庫県 ブルーベリー 新商品開発、ブランディング、事業戦略 ブルーベリージャムのマーケティング戦略策定とブラッシュアップ。青果販売を効果的に取り入れ、ジャム販売との相乗効果を狙う。ブルーベリーの品種にこだわった高級ジャムを作ることで、果樹園全体をブランディングしていく。
2019/08/30-2019/11/15 滋賀県 新商品開発 琵琶湖産の小鮎を使用したオイル漬け商品の企画・開発。ターゲットの設定を見直し、それに合わせた商品レシピ、アピールポイントを明確にしたパッケージデザイン、食品表示、賞味期限設定などトータルに支援を行った。商談会にて高評価を得て販路開拓に成功した。
2019/09/25-2020/03/31 兵庫県 はちみつ 新商品開発・マーケティング 花の種類にこだわったハチミツを製造販売していたが、価格戦略が甘く収益が悪化していた。単純に値上げをして失敗した経験があることから、既存商品とは別の路線で新商品を提案、開発中。またデザインも新商品から一新し、徐々に既存商品も含めてトータルでブランディングし、収益の向上を図る。
2020/02/10-2020/03/05 兵庫県 落花生 新商品開発・ブランディング・販路開拓 自社農場で生産する落花生のブランド化、および落花生を使用した新商品開発。ブランド化については。自社HPや商品ラベルに使用するロゴデザインについて、消費者が魅力的を感じるテイストなどをアドバイスした。新商品のパッケージについてはターゲットと利用シーンに合う形態、サイズ、材質等をアドバイスした。販路は利益率を重視して自社農園、自社HPでの直売をメインにしつつ、自社農園への集客につながる近隣サービスエリアなども提案した。