6次産業化中央サポートセンター

川﨑孝治(かわさきこうじ)

合資会社フードビジネスサポート 代表

居住地

広島県

職業

経営コンサルティング

支援可能分野

サービスの提供 (例)飲⾷店舗運営、観光等
新商品企画 (例)商品コンセプト⽴案、価格・販路・広告戦略⽴案
ブランディング (例)付加価値を高める工夫等
農業観光 (例)農泊、農観連携、観光農園の設⽴等

私が貢献できること

料理人としての35年の経験をいかし、“安全・安心”で“健康”な「食」の提供を通じて、地域社会に貢献することを大きな目標としています。
そこにある当たり前の「モノ」と、地元の方が気づかずにいる「コト」の発掘から、日本の食文化の継承とあらたな創造、地域社会の活性化を進めていきます。
「あるものを売る」から、「求められるものをつくる」への発想の転換を図り、お客様のニーズを探り、商品をアジャストしていくことをお手伝いします。
ひとつの取り組みを、より強く、より固く、そしてより大きくしていくために、基本的な「思い」を、関係者のみなさんで共有していただき、自分たち自身の力で、自分たち自身のために、作り上げていただきくための仕組み作りを基本としています。
「食」と「農」を通じて、そこに関わる全ての人の幸せと喜び、そして感動を創造するために、あらゆる業種・業態の企業との戦略的な事業提携により、実現していきます。
近年は、6次産業化産品の海外販路開拓・拡大も手がけ、アジア圏を中心に海外への進出もお手伝いしています。
農泊推進事業の一環として、地域産品を活用した特色あるメニュー開発や人材育成、オペレーション開発などもお手伝いしています。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2015/12-2016/02 広島県三原市 果実 果汁加工を主体に、果汁飲料・清涼飲料の製造 金融機関からの依頼に基づき、中央サポートセンターより派遣。 経営状況の分析を行い、今後の事業方針についてサポート。 現状商品の見直し、新商品の開発・導入、販路開拓、経営体制の再構築まで、幅広く助言。
2016/02-2016/02 鹿児島県いちき串木野市 遠洋マグロ 漁協直営まぐろレストランの経営分析 金融機関の依頼に基づき、中央サポートセンターより派遣。 事前ヒアリングで経営状況について把握のうえ、現地でレストラン視察、競合店調査等のうえ、漁協役員会での経営改善についての見通しについての協議。 東京からもプランナー1名が同行した。
2016/03-2017/04 鹿児島県いちき串木野市 遠洋マグロ 漁協直営まぐろレストランの経営再建 中央サポートセンターからの派遣後、漁業協同組合からの依頼で、直営レストランの経営再建にあたる。 徹底した売上分析から、商品原価・人件費の把握し、メニュー、ワークシフト、販売促進、といった運営部門全般にわたり見直した。 また、役員との共同作業で、これら業務を遂行し、組合内部の人事も含め、経営体制の再構築も図った。 結果、2016年11月には単月黒字化し、現在は累損解消して、経営継続中。
2016/05-2017/03 広島県世羅郡世羅町 果実 みらい基金活用による6次産業化 中央サポートセンターより派遣。 加工場の視察、役員・担当者との面談により、商品開発の問題点の抽出と改善に向けての助言を行う。 定期的訪問で、各会議にも参加。 商品開発のプロセス管理、担当者のレベル向上のための研修、商品のチェック等、幅広く商品開発に関わる。 既存商品の見直し、派生商品の開発のほか、あらたに2商品の開発に関わった。
2017/05-2017/12 広島県世羅郡世羅町 果実 みらい基金活用による6次産業化 事業のコンサルティング企業よりの依頼で、継続的にサポートにあたる。 商品開発を継続し、2商品を商品化し、販売につなげる。 産直市場の店舗レイアウトの変更を図り、売上向上につなげる。
2016/10-2016/10 シンガポール 魚介加工品、果実加工品、等 海外販路開拓 サポートしていた漁業協同組合、ならびにいちき串木野市の依頼により、シンガポールで開催された「Food Japan 2016」いちき串木野市ブースのサポート。 会場での、サンプル試食、調理コーディネートを通じ、同市産品のPR、販売に関わる。 のちの海外販路開拓につなげる役割も果たす。
2017/08-2017/08 香港 遠洋マグロ、魚介加工品、果実加工品、等 海外販路開拓 金融機関、いちき串木野市の依頼により、香港で開催された「Food Expo 2017」鹿児島県ブースおよびいちき串木野市コーナーのサポート。 会場での、サンプル試食、調理コーディネートを通じ、同件・同市産品のPR、販売に関わる。 現地インバウンドコーディネート企業との連携で、香港と鹿児島県ならびにいちき串木野市の観光、宿泊、食情報等交換の契約締結に関わる。
2017/10-2017/10 シンガポール 魚介加工品、果実加工品、等 海外販路開拓 いちき串木野市の依頼により、シンガポールで開催された「Food Japan 2017」いちき串木野市ブースのサポート。 会場での、サンプル試食、調理コーディネートを通じ、同件・同市産品のPR、販売に関わる。 のちの海外販路開拓につなげる役割も果たす。 現地企業経営者とのネットワークにより、地元企業のマレーシア進出の商談サポートに関わる。
2017/09-2018/03 広島県世羅郡世羅町 全般 農泊推進事業 人材活用戦略 国が進める農泊推進事業1年目の人材活用戦略のコンサルティングとして関わる。 「宿泊」、「食」、「観光・体験」、「プロモーション」の各分野の若手実践者の研修会を開催し、意識改革、実施方法、他機関連携などを、進めた。 能動的活動が可能な組織としての体制構築に関わる。 2年目も継続して、コンサルティング予定。
2018/04-2020/03 広島県世羅郡世羅町 全般 「世羅ブランド認証制度」コーディネート 2017年度より始まった同事業の2年目からサポート。 1年目で体制構築が図れなかった反省から、ブランド戦略、販路開拓、生産品目見直し、認証団体増加、等、多岐にわたる「世羅ブランド認証制度」の再構築のコンサルティング。
2018/11-2019/1 神奈川県秦野市 農産物 商品開発、マーケティング、ブランディング、等 神奈川県秦野市の依頼により、「秦野市地産地消推進事業」において、地域加工品のマーケティング方法、食味の改善、パッケージの工夫、POP等PR方法、販路の開拓等について研修会を実施。 6次化を進める生産者、団体へアドバイスを行う。
2018/11-2019/3 新潟県魚沼市 全般 農泊推進事業(商品開発、マーケティング、ブランディング、人材育成、等) 国が進める農泊推進事業のコンサルティングとして関わる。 初年度は、地元の食材と地域の料理を発掘、検討し、地元の料理研究会の協力のもと「郷土料理膳」の開発を進めた。 地域の宿泊施設、道の駅の料理人等を対象として、講習会を実施し、市内の連携宿泊施設での夕食メニューとしての販売を進めた。 道の駅での団体メニューとして販売するための、商品の規格化、オペレーション・サービス体制の組成・充実を進め、次年度につながる基盤を構築した。
2018/11-2018/11 広島県福山市 農産物 6次化によるワイン醸造の経営相談(サービスの提供、マーケティング、等) 広島サポートセンターからの派遣。 ぶどう生産、ワイン醸造を進める事業者が、民泊、ワインバー開業、と新たな事業への進出、展開を考えるための相談。 現状把握と事業展開の見込み、コンセプトの再構築、今後の事業計画策定について協議、アドバイスした。
2019/2-2019/3 愛知県知多郡南知多町 水産物を中心に全般 農泊推進事業(商品開発、マーケティング、ブランディング、人材育成、等) 国が進める農泊推進事業のコンサルティングとして関わる。 初年度は、地域食材に関する勉強会を実施し、受入関係者、農水産事業者と地元の食材の発掘・見直しを行い、インバウンド誘客を目的とした【SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)】認定(前年落選)を目指して、知多の食文化海外発信するための方策について協議した。 事業の中で進めるべき案件の抽出と対象商品の検討、2年度の事業の進め方について事業全般にわたりコンサルティングを行った。
2019/2-2019/3 熊本県人吉市 農畜産物を中心に全般 農泊推進事業(商品開発、マーケティング、ブランディング、人材育成、等) 「人吉球磨グリーンツーリズム推進協議会」からの依頼により、農泊事業先進地域である同地域において、今後の事業拡大を睨み、泊食分離を意識し、ジビエを含む豊富な食材を活用した、新たな料理提供の可能性を創出する機会として勉強会を開催した。 農家民宿の運営事業者を中心に、一般生活者と対象としたスタートアップミーティングの準備仕込みを実施する中で、調理手順、提供方法などについて指導した。 本番では、来場者に対して、地元食材の料理を提供するとともに、終了後の反省会では、今後の方針、地域の考え方について、コンサルティングした。
2019/4-2019/6 岩手県大船渡市 水産物、水産加工品 サービスの提供(直売施設の運営、等) 6次産業化ファンド、地元金融機関からの依頼により、直売施設の現場確認を実施し、現状分析から、今後の営業戦略、施設リニューアル、商品戦略、販売戦略、等について幅広く相談。 店舗運営体制の改善、商品の提供方法、商品レイアウト、等について、コンサルティングした。 また、水産物、加工品の販路開拓について、具体的な取引先(国内企業、国外市場)、展開方法の提案をした。
2019/4-2020/3 愛知県知多郡南知多町 水産物を中心に全般 農泊推進事業(商品開発、マーケティング、ブランディング、人材育成、等) 国が進める農泊推進事業のコンサルティングとして関わる。 2年度は、初年度進めた【SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)】認定(前年落選)のためのコンセプト設計に携わり、知多の歴史と食文化の洗い出しと磨き上げを行い、情報発信の方策、等事業全般のコンサルティングを行い、認定を受けることができた。 認定に伴い、地域の宿泊・飲食施設の団体とともに、地域産品を使った四季のメニュー開発も行い、国内客、インバウンド客、双方に向けての情報発信の基盤づくりをサポートした。
2019/4-2020/3 新潟県魚沼市 全般 農泊推進事業(商品開発、マーケティング、ブランディング、人材育成、等) 国が進める農泊推進事業のコンサルティングとして関わる。 2年度は、地元の料理研究会の協力のもと開発を進めた、地元の食材と地域の料理を利活用した「郷土料理膳」の商品化を中心に進めた。 地域の道の駅での提供を想定し、商品の規格化、オペレーション・サービス体制の組成・充実を確立し、販売目標数(1,200食)の3倍近い販売実績をあげ、地域の名物料理として確立した。 また、モニターツアーにより、観光客のイメージする地域名産物を明確にし、新商品を開発し、販売方法の構築までサポートし、次年度以降につながる基盤構築をサポートした。
2019/9-2019/11 東京都港区 水産物 サービスの提供(アンテナショップとしての飲食店の経営分析) 6次産業化ファンドからの依頼により、アンテナショップである外食店舗の現場確認を実施し、現状分析から、今後の営業戦略、商品(メニュー)戦略、サービス戦略、等について幅広く相談。 コンセプトの再構築、店舗リニューアル、サービス体制のリニューアル、等を提案した。
2019/11-2019/11 広島県江田島市 農産物 ブランディング、新商品企画 広島6次産業化サポートセンターからの派遣。 すでに販売している農産物加工品についての相談。 販路開拓、販売戦略についての相談であったが、加工外注によるコスト髙(製造、里輸送)、ブランディング・販売価格のずれ、等について、協議した。 新規の販路開拓・商談の可能性について、提案した。
2019/12-2019/12 広島県安芸高田市 農産物 ブランディング、マーケティング 広島6次産業化サポートセンターからの派遣。 農産物の加工について、新規事業参画の相談。 インタビューにより、生産と販売の現状、新規事業プラン概要の把握を行い、質疑応答を行った。 加工に移行するにあたっての問題点を整理し、地域、生産者団体全体とともに進めることを提案した。 モニターとして、広島市内の外食店舗への食材供給も含め、新たな販路開拓の可能性についても提案した。
2020/1-2020/1 広島県安芸高田市 農産物 ブランディング、新商品企画 広島6次産業化サポートセンターからの派遣。 すでに販売している農産物加工品の販売についての相談。 販売促進のためのレシピ開発についての相談であったが、商品自体のポテンシャルを発揮しきれていない状況に対して、アドバイスし、マーケティングに基づく、ブランディング、販売戦略の重要さについて、協議した。 サンプルとして持参した、最終加工品の試食を通じ、商品の可能性を提案したところ、直近の展示会での試食販売に使用したいとの希望があり、商品化のモデルとして商品を提供することとした。 あわせて、その際の、新たな販路開拓・商談の可能性について、提案した。