6次産業化中央サポートセンター

伊藤拓哉(いとうたくや)

株式会社生産者直売のれん会 コンサルティング事業部 部長

居住地

東京都

職業

経営コンサルティング

実績のある分野

果樹

支援可能分野

新商品の販路開拓 販売先、商品の提案方法
新商品企画 商品コンセプト立案、価格・販路・広告戦略立案
広告・宣伝 ポスター、ホームページ等作成、イベント運営等
ブランディング 付加価値を高める工夫等

私が貢献できること

私自身、【食を通じた地域活性化】というコンセプトのものと、12年前に株式会社生産者直売のれん会(東京都台東区雷門1丁目)という会社を仲間数人と立ち上げ、全国の食品生産者様と一緒に活動を行っております。

元々は中小食品製造業のコンサルティング業務を主としておりましたが、ここ10年は「いちご」「マンゴー」等の1次産品のブランド化を「商品開発」「販路開拓」の両視点から行っております。

この経験を活かし、6次産業化に取り組む農林漁業者の皆様に貢献できればと思います。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2011-現在 鹿児島県指宿市 指宿マンゴーのブランド化 戦略立案・商品開発・プロモーション・販路開拓 ○ 日本ではじめ経済栽培を行った「マンゴー(地域資源)のブランド化」を図る。 ○ 商品に役割を持たせ10商品の商品開発に成功。 ○ 市内約20か所の常設店舗の販路開拓、首都圏駅ナカをはじめとする催事販売でのプロモーションを実現。
2011年-現在 千葉県山武市 山武いちごのブランド化 戦略立案・商品開発・プロモーション・販路開拓 ○ 東日本大震災で観光客数が半減した観光客数を「地域資源(いちご)」の力で、震災前112%達成。 ○ 本プロジェクトでは「戦略立案」「商品企画」「事業者のコーディネート」「販路開拓」「メディアプロモーション」を担当。 ○ 手土産用の「山武いちごプリン」の開発と、“ここでしか買えない商品”として「山武いちごジェラート」の商品開発に成功。 ○ 25ヶ所の販路開拓を実現。
2016年-2018年 長崎県壱岐市 壱岐牛 戦略立案・商品開発・プロモーション・販路開拓 ・壱岐牛カレーパンの商品開発、プロモーション支援 ・百貨店等の販路拡大支援を行う。 ・フードフェスでのブランド化に成功。
2016年-2019年 北海道赤平市 トマト 戦略立案・商品開発・プロモーション・販路開拓 「赤平トマトスープカレー」の商品開発を行い、市内外の販路開拓を支援
2016年-現在 沖縄県北中城村 パッションフルーツ 戦略立案・商品開発・プロモーション・販路開拓 村内のカフェとタイアップを行いパッションフルーツの流通を増やしながら、作付け面積を増やし収穫高を拡大。