6次産業化中央サポートセンター

石本和治(いしもとかずはる)

1031(とうざい)ビジネスコンサルティング 代表

居住地

奈良県

職業

中小企業診断士(経営革新等認定支援機関)、経営コンサルタント、HACCP伝道師、財務金融アドバイザー、販路コーディネーター等

支援可能分野

販路構築 (例)商品に適した販売先提案、紹介等
店舗・通信販売 (例)販売店舗運営、通信販売運営等
新商品企画 (例)商品コンセプト⽴案、価格・販路・広告戦略⽴案
マーケティング戦略 (例)市場・競合分析、ターゲット設定、営業指導等

私が貢献できること

➀百貨店、スーパーマーケット、食材宅配業などへの販路開拓支援
➁経営戦略・マーケティング戦略の策定と実践支援
➂新商品開発、販売促進策(HP等含む)、ブランディング、パッケージ開発等支援
④HACCP伝道師としてHACCP対応への支援
➄商談会シート(FCPシート)作成によるマッチング支援

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
1996/4-継続中 奈良市 柑橘類(文旦、甘夏、みかん、柚子等)、柿、花き(シンビジューム等)、イチジク(キング) 自家需用栽培及び加工品生産  6次産業化申請支援にも応用 自家需用生食および加工品生産(ジャム等)を行うことで、土づくりから肥料の工夫などを行い、具体的な栽培等の支援に活用。6次産業化申請支援活動も行う。
2017年-継続中 大阪府 奈良県 石川県等 ぶどう  観光農園 新商品開発 ブランド化 販路開拓 ➀新たにワイナリーの構築のため場所の選定から商品化まで一貫した支援を継続中。 ②観光農園としてのサービスの見直し、新商品開発、ブランド化などを支援。 ➂販路開拓、ブランド化、情報発信方法の工夫など支援。