6次産業化中央サポートセンター

岸菜賢一(きしなけんいち)

きしな屋

居住地

大阪府

職業

商品開発アドバイザー、販路開拓コーディネーター

支援可能分野

小売 販売店舗運営、通信販売運営等
新商品企画 商品コンセプト立案、価格・販路・広告戦略立案
新商品の商品設計 原料選定、レシピ・製法の確立、包装、デザイン
新商品の販路開拓 販売先、商品の提案方法

私が貢献できること

地域資源を活かした新商品開発や販路開拓に貢献します。
製造メーカー時代の経験と現在の小売業の経験から「作り手」と「売り手」双方のメリット・デメリットをアドバイスさせて頂きます。
また現在小売業を営み「使い手」の声をダイレクトに反映することが可能なため、机上の空論に終わることはありません。より愛される商品を一緒に開発させて頂きます。
こだわり食品店のバイヤーとして全国を飛び回る経験・知識・人脈を活かして、参考事例も多くご提案出来ます。
バイヤー目線での商品企画案や売り込み方もご支援させて頂きます。
これまで製造に携わった経験・知識から、作り手に寄り添ったサポートを重視しながらも、現在の小売業で培ったバイヤーやエンドユーザーの求めるリアルな声を反映して、商品企画から製造アドバイス、販路開拓もしくは当店での販売までトータルでご支援させて頂きます。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2015/9-2015/10 秋田県 りんご(りんごチップス) 商品企画開発 既存品の規格・ラベル・包装容器変更し当店一店舗あたり月間平均400P売上げる。 また当店から他社への卸もスタートしたため、近々増産予定。
2015/10-2015/12 奈良県 柿(柿ちっぷす) 新商品開発 青果専門農家に対して希望する加工品の開発を商品企画から製造、包装デザインまで全て指導する。 販路開拓も手伝う。(PB商品として当店店頭販売および他社卸販売) 当店仕入価格として月間30万円を安定して売上げる。 婦人画報やあまから手帖などに掲載
2017/9-2017/11 香川県 黒豆(和三盆黒豆しょうゆ豆) 新商品開発 特産品である「しょうゆ豆」の原料を県産品の高級黒豆に変え、特産品の「和三盆」を使用した開発をアドバイスし、これまでありそうでない県産品にこだわった新商品開発に繋がった。 当店にてテスト販売を実施して今冬には関東進出が決定。