6次産業化中央サポートセンター

木川健(きかわたけし)

(有)ケン プランニング オフィス 代表取締役

居住地

神奈川県

職業

地域活性化コンサルタント

支援可能分野

小売 販売店舗運営、通信販売運営等
新商品の販路開拓 販売先、商品の提案方法

私が貢献できること

「安心安全・真面目さの見えるモノ」を求める消費者と「産地で頑張る」生産者とが繋がることで、互いのニーズ・ウオンツが補完されWin-Winの関係となり得るという理念のもと、都市と農山漁村の共生対流を実現するビジネスモデルの設計、利害関係者の調整、事業プロデュースを通じ<真面目に作ったモノが売れる仕組みづくり>を支援しております。
特に近年はコミュニティビジネスの潜在能力に着目、市民プレーヤーの力を借りるため農業を取り巻く多様なプレーヤーへの参加動機付けと連携構築をおこなうことで、収益を確保し継続性を担保できる製品開発・店舗経営などの6次産業化ビジネスモデルの設計・運用を支援しております。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2005/10-継続中 東京都板橋区 "全国ふる里ふれあいショップ「とれたて村」" ハッピーロード大山商店街 事業コンセプト立案・ビジネスモデル構築・利害関係者コーディネート <全国自治体と連携して農産品・特産品を生産者から直接仕入れて販売> 都市住民の「食への信頼・ふるさと回帰」と全国農山漁村の「都市との共生対流による地域の活性化」の求めに応じるため、商店街を事業主体として全国の自治体と提携、双方のニーズ・ウオンツを相互に補完しあえる関係を築くことにより継続性・発展性の高い「ふるさとショップ」のビジネスモデルを構築、過去に例のない収益モデルやロジスティック手法の開発など事業をプロデュースした。
2011/11-継続中 神奈川県小田原市 "一夜城ヨロイヅカファーム" 事業コンセプト企画立案・事業プロデュース・利害関係者コーディネート <パテシエと地元農家が連携して耕作放棄地を再生して果物・野菜を栽培し収穫物を使ったスイーツやレストランを営業> パテシエ鎧塚俊彦氏の「農園でスイーツを作りたい」という夢の具現化のため、小田原市早川の遊休農地を借りてファーム付きパティスリー&レストランを開店。小田原市行政が求める地域農業の再生・活性化のため地元農業者と密接に連携してファームを整備・運営し、農産品直売所の開設、パティスリー・レストランでの農産品利用などのほか、地域と一体となって加工品開発や誘客イベントなどの活動に取り組んでいる。
2014/5-継続中 神奈川県厚木市 "厚木市まるごとショップ「あつまる」" 厚木市役所・厚木市観光協会  事業コンセプト企画立案・ビジネスモデル構築・利害関係者コーディネート 「厚木市民の食ニーズ充足」、「農産品の地産地消」、「地域特産品の開発支援・販路拡大」、「厚木市友好都市との連携深化」をテーマに、事業主体となる厚木市観光協会が経済的に独立し・収益を上げられる仕組みを設計。厚木市の友好都市との連携体制を構築し、市内の農家・事業者のほか市内立地の東京農業大学の参加協力を得て「厚木市をまるごと発信するショップ」を開店させた。
2016/10-継続中 神奈川県小田原市 "一夜城緑柑ドレッシング" 一夜城ヨロイヅカファーム・マルシェ部会 商品コンセプト立案・事業プロデュース・販路開拓支援 <摘果みかんの資源化・商品化で柑橘農家の新たな収入源を生み出す> 従来捨てられていた摘果みかんに商品価値を持たせるというアイデアのもと、一夜城ヨロイヅカファームに参加する農家グループを主体として農家から摘果みかんを買取り、「真面目さが見える化された」商品を開発し販売するビジネスモデルを構築、原材料集めから販売までを一括支援。小田原市内のシニアグループと連携し、耕作放棄されたみかん畑の整備・摘果作業をおこなう援農チームとして参加し、畑の荒廃防止と原材料集めに活躍。
2017/4-継続中 神奈川県小田原市 "オリーブ茶・オリーブ石鹸" 小田原オリーブ園(加藤農園) 商品コンセプト再構築・製品改良・販路開拓 <"「売れる」オリーブ茶・オリーブ石鹸"> オリーブ樹を育成中の農家が、果実が収穫できるようになるまでの間、オリーブの葉を使った「オリーブ茶」を開発していたが販売まで到達できないなか、既存商品を「売れるモノ」にするため、商品コンセプトの再構築・「真面目さの見える化」「ターゲットニーズに合わせた商品ストーリの構築」「パッケージの改良」、適切な販路を斡旋紹介。 今年秋の収穫でオリーブオイルを製造・製品のためのテスト販売をおこない収益の柱とし更に将来目指すオーリーブ農園としてグリーンツーリズムを実現させるための準備としてマーケティグ・ビジネスモデルを構築。