6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

その他

淺沼ゆうか(あさぬまゆうか)

株式会社JEM 代表取締役副社長

居住地

東京都

職業

青果物納め、産地直送、経営戦略、ブランディング

貢献できること

外食向けのブランディング・周知活動、規格の見直し、国内販路開拓 販路拡大や物流・専門知識における講義、商談会マッチングサポート 生産者をモノづくりの技術者・プロフェッショナルと定義した上で、企画・営業・販売までを組み立てる人材の確保を優先すべきであり、各地域の商材をまとめて的確なターゲットにアプローチ化していく。更に、情報共有をしない古典的な思考から、協力し合う事で相乗効果を生み出す方向へシフトチェンジが必要である。また販売先・ターゲット層・目標販売数等、経営学からの観点で数字を計算し、最低限の予測データを作成する事で、ビリネスモデルの構築をし、地域全体をきちんと組織化する事が今後の課題であり、確実な実績につながる。SNSやアプリの利用を含め、よりリアルタイムな情報社会に対応する為には、適材適所の人材確保が重要になってくる。全ては「人」がモノを動かすからである。 外食では、作るプロ+売るプロ+料理人が良いチームを作れる事で、それぞれの腕が発揮され、「物が動く」仕組みへと繋がる。しかしながら、口座開設や物流における難関も多く、既に整っている仲卸の横の繋がりは大変有効活用する必要があると考える。
・・・(もっと読む)

小池昌孝(こいけまさたか)

Masataka Koike

居住地

東京都

職業

商品プランナー、販路コーディネーター

貢献できること

■支援可能な分野・領域 ・農林水産物等の地域資源活用に係る商品企画開発及び販路開拓を中心とした食農関連事業者支援 ■実務経験・支援実績のある専門分野 ・販売支援 (卸・商社・問屋) (百貨店、質販店、スーパーマーケット、量販店) (通販、ギフト、EC、宅配、生協) ・商品企画開発 ・PRブランディング ・製造業 ・小売業 ・卸売業 ■食農連携推進に係る委員等の実績 ・委員等 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部 公益社団法人京都府農業総合支援センター 公益財団法人神戸市産業振興財団 公益財団法人仙台市産業振興事業団 ジャパンメイドビューティアワード(インフォーマ マーケッツ ジャパン) ・アドバイザー等 6次産業化中央サポートセンター プランナー 独立行政法人中小企業基盤整備機構 地域活性化支援アドバイザー 公益財団法人神戸市産業振興財団 販路開拓アドバイザー ・講演等 農林水産省生産局農産部 独立行政法人中小企業基盤整備機構販路支援部 東京都港区総合支所 東京都北区地域振興部 大阪府環境農林水産部 かがわ産業支援財団 神戸市産業振興財団商業・ものづくり支援部 京都府南丹市 日本商工会議所地域振興部 高知商工会議所 兵庫県商工会連合会 鳥取県商工会連合会 養父市商工会 喜界町商工会 兵庫県立大学経営学部 京都産業大学経営学部 三重県農業大学校 中村学園大学栄養科学部 上智大学グローバル教育センター 日本政策金融公庫農林水産事業本部 名古屋銀行法人営業部 富士通総研実践知研究センター 大阪ガス JAグループ大阪 鹿児島県水産加工品販路開拓・ものづくり推進協議会 UBMジャパン インフォーマ マーケッツ ジャパン 一般社団法人日本能率協会
・・・(もっと読む)

金山宏樹(かなやまひろき)

株式会社シカケ 代表取締役

居住地

兵庫県

職業

道の駅再生人、ブランディング、集客支援

貢献できること

1、売上UP戦略 2、オリジナル商品開発(ヒットするご当地グルメ、物販商品等) 3、店舗運営 4、集客増加 5、お買い場改善及び制作 6、接客力向上 7、収益力向上 8、WEB集客支援及び制作 9、SNSの効果的な発信方法 10、メディア露出の方法(プレスリリース等) 11、その他甲が必要とする事項 等々含めたブランディング支援
・・・(もっと読む)

福井佑実子(ふくいゆみこ)

株式会社プラスリジョン 代表取締役

居住地

兵庫県

職業

有機JAS判定員(小分け・加工)、有機JAS検査員(小分け・加工)

貢献できること

オーガニック・有機生産者の6次産業化による利益向上策をともに考え伴走します。専門領域は持続可能な農業・有機・オーガニック農産加工、医福食農連携(特に農福連携)です。
・・・(もっと読む)

林丈雄(はやしたけお)

府中市市民活動センター プラッツ 事業運営担当総括

居住地

東京都

職業

まちづくりコーディネーター、地域ブランディング、Webマーケティング、農山漁村ツーリズム、資金調達支援、地酒エバンジェリスト、東京農工大学非常勤講師

貢献できること

農山漁村で生活する生産者、住民、企業、行政(国県市)など、各立場の方々の連携と事業化をお手伝いします。多様な農林漁業を活性化させる現場型のコーディネートを各地で担い、自身も生産現場の実践者でありながら、調査研究による説得力あるデータの活用支援にも取り組んできました。こうした経験から、「地域の個性」を発揮した生産物の魅力を最大限に引き出すWeb・SNS導入と情報発信方法、新たな加工品開発、農山漁村ツーリズム、地域ブランドの創出等、他地域と差別化できる6次産業化に貢献できます。さらに人材育成、施設導入に必要な各種補助金のリサーチ・検討・申請支援も可能ですのでご相談ください。
・・・(もっと読む)

日小田知彦(ひのだともひこ)

エコバイ株式会社 代表取締役

居住地

東京都

職業

地域ブランディング、開発、デザイン、販売

貢献できること

実践に基づいた生産者支援を基本に案件ごとに支援内容を構築、地域における連携、自走できる生産販売への仕組みづくりを致します。 国内販路への開発デザインや、海外への販路拡大にも取組み、2014年~アメリカ、フランス、香港でのマーケティングや販売も実施しています。 国内生産継続の為、各地域産品を磨き慎重にテスト販売を重ね、継続した取引を目指します。
・・・(もっと読む)

米田佳代子(よねだかよこ)

Planning MAO 代表

居住地

愛媛県

職業

地域活性化コンサルタント

貢献できること

平成23年より6次産業化プランナーとして大臣認定9件の実績。(花卉1件・養殖魚1件・漁業関係3件・青果物2件・果物2件)幅広い経験と知見を活かしたアドバスに取り組み総合事業化計画の策定からマーケティングまでトータルでアドバイス。農泊推進事業(愛媛県・鹿児島県・島根県・新潟県・富山県)において農業観光メニュー開発、人材育成、観光プロモーションの実績多数。 規格外農産物、未利活用資源を活用した商品開発販路拡大支援を得意分野としています。生産者の意向に寄り添ったきめ細やかなアドバイスを図り、各種助成金・交付金提案を併用しながら、食を中心としたコミュニティーの活性化を目指し、加工や販路拡大により「食べていける一次産業再生」に取り組んでいきたいと思います。 支援地域受賞実績 ・平成26 年度「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成28年度「ふるさとづくり大賞 総務大臣賞」 受賞 ・平成28年度「優良公民館大賞 文部科学大臣賞」受賞 ・平成29年度中国四国農政局「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成30年度 農林水産省 「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成30年度 フードアクション NIPPON アワード 入賞
・・・(もっと読む)