6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

林産物

藤村公平(ふじむらこうへい)

日本ブランドビジネス研究所 代表

居住地

京都府

職業

商品開発・販路開拓コーディネーター

貢献できること

生産される農林水産品をマーケットのニーズに合った、或はニーズを先取りする提案型の売れる商品開発を生産者様と販売者と一緒に実施することが出来ます。 生産者は販売することによって資金回収を図るとともに再生産に順調に進んでいけるシステムを構築していきます。 また、HACCPと機能性表示食品のアドバイスが出来ます。 公益社団法人 日本食品衛生協会のHACCP普及指導員、 公益財団法人 食品等流通合理化促進機構の機能性表示食品届出指導員 
・・・(もっと読む)

勝瀬典雄(かつせふみお)

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科兼任講師・有限会社ビジネスプランニング 代表取締役

居住地

東京都

職業

大学教員・栃木県6次産業化実践アドバイザー・ITコーディネーター・販路コーディネーター・公的事業プロジェクトマネージャー

貢献できること

各地の6次産業化に取組む農林水産業事業者に対する戦略策定・販路戦略・商品開発・販路紹介・法人組織化・補助事業提案等の実践事例を保有している。事例として平成29年度の6次産業化アワード奨励賞広域ネットワークを推薦者として受賞した「とちぎ農業ネットワーク企業組合」の6次産業化に取り組む事業戦略を策定、法人化から設備導入支援・商品開発・販路展開等の事業プロセスを支援した経験値等を活かした貢献が可能である。
・・・(もっと読む)

葉梨卓淑(はなしたかよし)

個人事業(食品企業サポート(インターネットジャーナル㈱・日韓ワールドセンター)

居住地

茨城県

職業

流通アドバイザー

貢献できること

食品総合卸売業(中間流通業)で培った知識と経験が支援致します。 1.生産者様のおもい・こだわり/販売者様のMDを理解・把握しています。 目標達成の為にはトータル的な取り組みをする中間流通業の専門性(知識と経験)が不可欠になります。 2.生産者様に対する流通の商習慣・コストパフォーマンス・同業者/競合対策などの専門的な立場で支援できる強みがあります。 3.最大の効果を実現する体制・機能を醸成し、互恵関係を重視し、環境変化対応ができる仕組みをひとつひとつ確立し、経営戦略と整合性のある能動的トータルシステムで相乗効果を得ながら目的を実現していきます。
・・・(もっと読む)

小池昌孝(こいけまさたか)

Masataka Koike

居住地

東京都

職業

商品プランナー、販路コーディネーター、地域力創造アドバイザー

貢献できること

■支援可能な分野・領域 ・農林水産物等の地域資源活用に係る商品企画開発及び販路開拓を中心とした食農関連事業者支援 ■実務経験・支援実績のある専門分野 ・販売支援 (卸・商社・問屋) (百貨店、質販店、スーパーマーケット、量販店) (通販、ギフト、EC、宅配、生協) ・商品企画開発 ・PRブランディング ・製造業 ・小売業 ・卸売業 ■食農連携推進に係る委員等の実績 ・委員等 農林水産省大臣官房政策課 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部 宮崎県総合政策部 三重県農林水産部フードイノベーション課 独立行政法人中小企業基盤整備機構 公益社団法人京都府農業総合支援センター 公益財団法人神戸市産業振興財団 公益財団法人仙台市産業振興事業団 ジャパンメイドビューティアワード(インフォーマ マーケッツ ジャパン) ・アドバイザー等 農林水産省6次産業化中央サポートセンター プランナー 総務省地域力創造グループ 地域力創造アドバイザー 独立行政法人中小企業基盤整備機構 地域活性化支援アドバイザー 公益財団法人神戸市産業振興財団 販路開拓アドバイザー ・講演等 農林水産省生産局農産部 独立行政法人中小企業基盤整備機構販路支援部 一般財団法人地域活性化センター 東京都港区総合支所 東京都北区地域振興部 大阪府環境農林水産部 静岡県経済産業部マーケティング課 三重県農林水産部 かがわ産業支援財団 神戸市産業振興財団商業・ものづくり支援部 京都府南丹市 日本商工会議所地域振興部 高知商工会議所 高松商工会議所 兵庫県商工会連合会 鳥取県商工会連合会 養父市商工会 喜界町商工会 兵庫県立大学経営学部 京都産業大学経営学部 三重県農業大学校 中村学園大学栄養科学部 上智大学グローバル教育センター 日本政策金融公庫農林水産事業本部 名古屋銀行法人営業部 富士通総研実践知研究センター 大阪ガス JAグループ大阪 鹿児島県水産加工品販路開拓・ものづくり推進協議会 UBMジャパン インフォーマ マーケッツ ジャパン 一般社団法人日本能率協会
・・・(もっと読む)

桶矢茂守(おけやしげる)

株式会社フォーフーム 代表取締役

居住地

新潟県

職業

マーケティングサポート全般、商品開発、販路開拓

貢献できること

外資系企業で培った消費財に関するマーケティングノウハウを活かして、原材料の素材販路設定を見据えた商品開発から販路開拓までを広くお手伝いできます。特に高付加価値化や差別化を訴求した商品開発で、都内の大手百貨店(ギフト、宅配、オンラインショッピング等)や大手通販等の販路を主体として、商品のライフサイクルを極力永く設定した商品開発と販路開拓を同時に実施して来ております。
・・・(もっと読む)

浅野卓(あさのたかし)

アグリ創研株式会社 代表取締役社長

居住地

東京都

職業

ビジネスプロデューサー

実績のある分野

野菜 果樹 林産物

貢献できること

【専門】 ◆知財法・独禁法・契約実務・情報解析をふまえた「知財経営・知財戦略」を基軸に、偶然ではなく理論に裏打ちされた「ブランド戦略」、「事業モデル構築」を専門とします。産学官連携、技術移転にも携わってきました。 ◆特に農水分野では、全国段階の/各地の総合JAや生産者団体、ブランド協議会のアドバイザーを務め、地理的表示(GI)制度や日本農林規格(JAS)制度を活用した事業モデル、価値の設計・発見や、価値の共創プロセス等のプランニングを行っています。 【略歴】 ◆早稲田大学法学部卒業(2002年)。会社役員を経て(1998年~)、日本初の特許事務所附属研究所である、浅野国際特許事務所附属 国際知的財産戦略研究所にて、コンサルタントとしてのキャリアをスタート(2004年~)。 ◆「経営」「法律」「政策」の複合面からの知財戦略を提供するべく、社会人院生として、東京理科大学専門職大学院 首席修了・総代(知財戦略、2010年)、早稲田大学大学院 修士課程修了(知財権法、2013年)。 ◆現在、浅野国際特許事務所 国際知的財産戦略研究所 副所長ならびに、東日本大震災直後に復興支援のために起業した、アグリ創研株式会社 代表取締役社長(2011年~)。 ◆公職として、農林水産省 国立研究開発法人審議会 専門委員(2017年~)。特許庁 地域団体商標普及啓発事業 外部委員・座長(2019~2021年)。 ◆また、経済産業省 関東経済産業局選定 チーム伴走型 知財経営モデル支援専門家、東京都立大学大学院 非常勤講師(知財権特論)、アグリイノベーション大学校 講師(知財・ブランド戦略)、法務大臣認証ADR機関 日本不動産仲裁機構 登録調停人(民泊・農家民宿・農泊)を現任。
・・・(もっと読む)

金子和夫(かねこかずお)

金子和夫事務所株式会社 代表取締役

居住地

東京都

職業

地域ブランドコンサルタント

貢献できること

農水産物と食品のブランド価値を高める商品企画から、ネーミングやロゴマークなどのブランド・デザイン、情報発信、大都市圏の販路開拓まで、一貫した戦略とビジネスモデルの構築およびバイヤー等の関係者を巻き込んだ実施体制づくりを支援する。
・・・(もっと読む)

堺武志(さかいたけし)

合同会社JEXPO 代表社員

居住地

福岡県

職業

技術士 海外販路開拓支援

貢献できること

農産物、ならびに6次産業化を通して商品化された食材のフランス等ヨーロッパ向けの販路開拓を支援します。具体的には、海外展示会や国内バイヤー招聘商談会などに向けて、事前の現地市場調査の進め方、コンタクト先のピックアップならびにアポイントのとり方、展示会場での応対のポイント、出展後のフォローから商談・成約への進め方などの情報提供・アドバイスを通して、業者さまの円滑で効率的な販路開拓に貢献いたします。フランスには現地シェフ・ディストリビューター・BIOオーガニック小売店等独自の見込先をもっております。生産者等のみなさまは、彼らとの直接やりとりを通して、海外展示会に出展する費用・時間等がなくても、市場調査・商談・販路開拓に取り組むことができる機会をご提供いたします。
・・・(もっと読む)

林丈雄(はやしたけお)

府中市市民活動センター プラッツ 事業運営担当総括

居住地

東京都

職業

まちづくりコーディネーター、地域ブランディング、Webマーケティング、農山漁村ツーリズム、資金調達支援、地酒エバンジェリスト、東京農工大学非常勤講師

貢献できること

農山漁村で生活する生産者、住民、企業、行政(国県市)など、各立場の方々の連携と事業化をお手伝いします。多様な農林漁業を活性化させる現場型のコーディネートを各地で担い、自身も生産現場の実践者でありながら、調査研究による説得力あるデータの活用支援にも取り組んできました。こうした経験から、「地域の個性」を発揮した生産物の魅力を最大限に引き出すWeb・SNS導入と情報発信方法、新たな加工品開発、農山漁村ツーリズム、地域ブランドの創出等、他地域と差別化できる6次産業化に貢献できます。さらに人材育成、施設導入に必要な各種補助金のリサーチ・検討・申請支援も可能ですのでご相談ください。
・・・(もっと読む)

米田佳代子(よねだかよこ)

Planning MAO 代表

居住地

愛媛県

職業

地域活性化コンサルタント

貢献できること

平成23年より6次産業化プランナーとして大臣認定9件の実績。(花卉1件・養殖魚1件・漁業関係3件・青果物2件・果物2件)幅広い経験と知見を活かしたアドバスに取り組み総合事業化計画の策定からマーケティングまでトータルでアドバイス。農泊推進事業(愛媛県・鹿児島県・島根県・新潟県・富山県)において農業観光メニュー開発、人材育成、観光プロモーションの実績多数。 規格外農産物、未利活用資源を活用した商品開発販路拡大支援を得意分野としています。生産者の意向に寄り添ったきめ細やかなアドバイスを図り、各種助成金・交付金提案を併用しながら、食を中心としたコミュニティーの活性化を目指し、加工や販路拡大により「食べていける一次産業再生」に取り組んでいきたいと思います。 支援地域受賞実績 ・平成26 年度「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成28年度「ふるさとづくり大賞 総務大臣賞」 受賞 ・平成28年度「優良公民館大賞 文部科学大臣賞」受賞 ・平成29年度中国四国農政局「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成30年度 農林水産省 「ディスカバー農山漁村の宝」受賞 ・平成30年度 フードアクション NIPPON アワード 入賞
・・・(もっと読む)