6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

島本一仁(しまもとかずひと)

和(なごみ) 代表

居住地

大阪府

職業

経営コンサルティング、公的支援機関専門家

貢献できること

①販路開拓支援。(販路紹介含む) ②商品開発及び改良支援。 ③製造委託先紹介。 ④補助金申請書作成サポート。 ⑤道の駅、直売所など業績向上支援。 ⑥マーケティング基盤構築支援。 ⑦ブランディングレクチャー。 ⑧販売先ターゲットに対する採用基準レクチャー。 ⑨パッケージデザイン、ネーミング助言。 ⑩食品製造許認可アドバイス。 ⑪6次化セミナー対応。
・・・(もっと読む)

今城敏(いまなりさとし)

食品安全技術センター 代表

居住地

栃木県

職業

食品安全の教育研修講師・コンサルタント

貢献できること

商品開発の上で、難しいと感じる衛生管理の課題の数々。 例えば、微生物規格や賞味期限、殺菌条件などの設定は、個々の条件によって異なるため、わかりやすく、より具体的に構築できるようにサポート致します。 また、食品衛生管理の基礎である製造加工の現場のあるべき姿を、低予算で無理ないものをご提案致します。 これまでの指導教育の実績に基づいて、六次産業の方々に無理なく最適なHACCP手法の導入をサポートし、自主的に御社のための衛生管理システム構築等を商品企画段階から支援していきます。
・・・(もっと読む)

山本文則(やまもとふみのり)

NPO法人農楽マッチ勉強会 理事長

居住地

大阪府

職業

中小企業診断士

貢献できること

農業の活性化に寄与するためNPO法人農楽マッチ勉強会を立ち上げ、農家向け勉強会や都市住民に向けた農業セミナー、他各種イベントを行っています。農家さんとの付き合いも多く、多様な支援を行っています。将来に向けた経営の相談、販売先や連携先の紹介、補助金の取得、なんでもご相談ください。
・・・(もっと読む)

堀田学(ほりたまなぶ)

福井県立大学 教授

居住地

福井県

職業

大学教員

実績のある分野

果樹 その他 野菜

貢献できること

これまでの支援・研究の経験を特に活用できる内容は次の3点です. ① 地域ブランド形成;地域ブランドの成功には,(a)認証基準の公正性,(b)商品群の統一性,参加する事業者・主催者の意思統一が鍵であり,それには初期段階のセットアップの適切さ,ステークホルダー間をとりまとめるファシリテーターの存在が必要です.それらの知識・技能を提供し,成功に導きたいと考えています.② 農協の営農・販売診断;宮城,長野,愛媛,島根等,多様なJAの調査診断の経験を活かし,県・単位 JA,部会レベルに対しても改善策を考えます.③ 流通・マーケティング支援;本来の専門分野の卸売市場法や流通の現場の知識を生産者のマーケティング改善に活用します.
・・・(もっと読む)

横山洋亮(よこやまようすけ)

有限会社 プロダクションビコーズ 代表取締役 クリエィティブディレクター

居住地

鹿児島県

職業

クリエィティブディレクター、ブランディング構築、デザイナー、カメラマン

貢献できること

パッケージから販促ツール、サイト制作、商談会・販売会のブースデザイン、 販促・販売指導などを行う総合プロダクション。 現場主義を基本に、徹底したフィールドワークから生まれる鮮烈な実感を、 企画と表現の起点としてクライアントのブランド化を実践。 デザイン・編集オフィスのほか、写真撮影スタジオと東京事務所があり、 鹿児島を拠点に、九州各地や東京の業務を行う。 講演・セミナーは、食のブランディングを中心に、農業6次化、 デザイン全般・販促セミナーなどの講師。
・・・(もっと読む)

篠原充(しのはらまこと)

(株)東映エージエンシー 企画制作局長

居住地

東京都

職業

クリエイティブ・ディレクター

実績のある分野

野菜

貢献できること

どのような業種業態においても、ビジネスの根本はニーズとシーズを結合させることです。6次産業化においても例外ではありません。 いま、社会にどのようなニーズがあるのか、それは顕在化しているのかまだ眠っているのか、そのニーズに対して1次産業、2次産業、3次産業それぞれの視点からどのようなシーズがあるのか、何と何をミキシングすれば、ニーズとの幸福な出会いが起こるか。コミュニケーションの仕事を30年間続けてきた立場から、大手資本のマスブランディングではない、温もりのある6次産業モデルをひとつひとつ構築していきたいと考えます。
・・・(もっと読む)

藤村公平(ふじむらこうへい)

日本ブランドビジネス研究所 代表

居住地

京都府

職業

商品開発・販路開拓コーディネーター

貢献できること

生産される農林水産品をマーケットのニーズに合った、或はニーズを先取りする提案型の売れる商品開発を生産者様と販売者と一緒に実施することが出来ます。 生産者は販売することによって資金回収を図るとともに再生産に順調に進んでいけるシステムを構築していきます。 また、HACCPと機能性表示食品のアドバイスが出来ます。 公益社団法人 日本食品衛生協会のHACCP普及指導員、 公益財団法人 食品等流通合理化促進機構の機能性表示食品届出指導員 
・・・(もっと読む)

長岡淳一(ながおかじゅんいち)

株式会社ファームステッド 代表取締役

居住地

北海道

職業

クリエイティブディレクター

貢献できること

これだけ物流が発達しインターネットが普及しても、全国各地にはまだ知られていないすばらしい産品が数多く眠っています。 地方・地域の独自性をアピールすることが重要な時代において、全国、海外という広い視点での発信力がある商品は多いとはいえない中、わたしたちはデザインブランディングによって地域や商品のブランド価値を高め、発信力を強化することで、商品にこめられた「おいしさと感動」を消費者に伝えてゆきます。 また、首都圏・全国・海外の人々に地域の特産品を通じた 「地方の食」をPRし、同時に訪れてもらうきっかけを提供。交流人口の拡大を目指すことで、地域産業の振興にも貢献してゆきます。 「デザイン」を使って地域ブランドの価値を高める、それが私たちの使命です。
・・・(もっと読む)

山下雄(やましたゆう)

AGURI DESIGN COMPANY 株式会社 代表取締役

居住地

静岡県

職業

IPEA国際技術士/APEC技術士(Bio)/技術士(農業部門)

貢献できること

農林水産業に関するコンサルティングを得意とし、作物の適性に合わせた土づくりや土壌改良/分析調査など、現場におけるあらゆる問題点を専門的な知識と経験から生産性や品質の向上等、トータル的にアドバイスいたします。日本国内はもちろん国際資格を活かし海外でも活躍の幅を広げています。  文部科学省国家資格である技術士(農業部門 農芸化学)のなかでも、土壌肥料および土壌改良、肥料の品質の技術専門コンサルタントです。技術士国際基準のIPEA国際エンジニアおよびAPECエンジニアの資格も取得しております。土壌肥料および土壌改良、農産物の安定生産、食品製造場に即した対応が可能です。農産物等残渣および食品廃棄物等の未利用資源の有効利用化技術を提供できます。また、海外での指導も行っており、海外輸出および海外の課題等即戦力となる情報と課題解決を提供いたします。
・・・(もっと読む)

石本和治(いしもとかずはる)

1031(とうざい)ビジネスコンサルティング 代表

居住地

奈良県

職業

中小企業診断士(経営革新等認定支援機関)、経営コンサルタント、HACCP伝道師、財務金融アドバイザー、販路コーディネーター等

貢献できること

➀百貨店、スーパーマーケット、食材宅配業などへの販路開拓支援 ➁経営戦略・マーケティング戦略の策定と実践支援 ➂新商品開発、販売促進策(HP等含む)、ブランディング、パッケージ開発等支援 ④HACCP伝道師としてHACCP対応への支援 ➄商談会シート(FCPシート)作成によるマッチング支援
・・・(もっと読む)