6次産業化中央サポートセンター

プランナーを探す

現在の検索条件検索条件をクリアする

マーケティング戦略

山本文則(やまもとふみのり)

NPO法人農楽マッチ勉強会 理事長

居住地

大阪府

職業

中小企業診断士

貢献できること

農業の活性化に寄与するためNPO法人農楽マッチ勉強会を立ち上げ、農家向け勉強会や都市住民に向けた農業セミナー、他各種イベントを行っています。農家さんとの付き合いも多く、多様な支援を行っています。将来に向けた経営の相談、販売先や連携先の紹介、補助金の取得、なんでもご相談ください。
・・・(もっと読む)

仲野真人(なかのまさと)

株式会社食農夢創 代表取締役

居住地

神奈川県

職業

コンサルティング

貢献できること

六次産業化法の施行以降、6次産業化の普及のためのセミナー、表彰事業、事例集作成、実践モデル作成等に携わっており、これまでに約100事例以上を現地調査しており、全国の6次産業化の成功事例を熟知し、6次産業化事業者とのネットワークを有する。また、離島の6次産業化による地域活性化プロジェクトや海外(欧州、米国、中国、アジア)への輸出支援等、農林漁業に関連する数多くのプロジェクトを手掛けており、具体的な事業戦略やビジネスモデルの策定支援を得意とする。
・・・(もっと読む)

佐藤翼(さとうつばさ)

株式会社ただいま 代表取締役

居住地

東京都

職業

地域活性化コンサルティング(新規事業企画、新商品サービス開発、販路開拓支援)

実績のある分野

野菜 果樹 肉牛 養豚

貢献できること

人々のライフスタイルや消費の嗜好が変化し、リアル店舗やネット販売など買い物の方法が多様化する中、その変化を意識せず「誰が喜んで購入する商品か」がはっきりしない地域名産品(6次産業化を通じて開発された商品)がたくさん生まれますが、残念ながら大半は売れずにそっと消えていきます。 農や食を通じた地域の活性化には、全くのあたらしい商品を開発するより、「いまある商品をどう販売するか」あたらしい販売方法の開発や物流のアイデアの方が必要に感じています。 年間地域の商品を100点以上、百貨店などの高単価販売が可能な先へマッチングさせている実績をもとに、農業生産者・事業者の想いや個性をきちんと把握し、どんな人に、何を、どのように提供し利益を得るか、ライバルとの違いは何か、地道でもひとつひとつ因数分解し、具体的な成果に向けた支援を案件ごとにいちから構築します。実現したいのは、流行りの一端で終わる6次産業化ではなく、その先につながる地方創生です。
・・・(もっと読む)

山下雄(やましたゆう)

AGURI DESIGN COMPANY 株式会社 代表取締役

居住地

静岡県

職業

IPEA国際技術士/APEC技術士(Bio)/技術士(農業部門)

貢献できること

農林水産業に関するコンサルティングを得意とし、作物の適性に合わせた土づくりや土壌改良/分析調査など、現場におけるあらゆる問題点を専門的な知識と経験から生産性や品質の向上等、トータル的にアドバイスいたします。日本国内はもちろん国際資格を活かし海外でも活躍の幅を広げています。  文部科学省国家資格である技術士(農業部門 農芸化学)のなかでも、土壌肥料および土壌改良、肥料の品質の技術専門コンサルタントです。技術士国際基準のIPEA国際エンジニアおよびAPECエンジニアの資格も取得しております。土壌肥料および土壌改良、農産物の安定生産、食品製造場に即した対応が可能です。農産物等残渣および食品廃棄物等の未利用資源の有効利用化技術を提供できます。また、海外での指導も行っており、海外輸出および海外の課題等即戦力となる情報と課題解決を提供いたします。
・・・(もっと読む)

片桐新之介(かたぎりしんのすけ)

合同会社C.SSSコーポレーション 代表社員

居住地

兵庫県

職業

営業、マーケティング

貢献できること

百貨店の勤務経験を活かし、どのようなブランディングやデザインが高級志向の方に響くのか、生鮮品の流通や加工品の企画段階から支援ができます。また百貨店や高級スーパーとの商流はどういう流れになり、どのようなことを生産者が気を付けるべきかということを支援できます。 また、販路支援や経営といったことだけでなく、「農家のこせがれネットワーク」を通じて、全国各地のに多様な課題に悩む農業者とのつながりを作り、農業者のモチベーションを高めていく支援が可能です。 飲食店経営、グリーンツーリズムの実施経験もあります。
・・・(もっと読む)

石本和治(いしもとかずはる)

1031(とうざい)ビジネスコンサルティング 代表

居住地

奈良県

職業

中小企業診断士(経営革新等認定支援機関)、経営コンサルタント、HACCP伝道師、財務金融アドバイザー、販路コーディネーター等

貢献できること

➀百貨店、スーパーマーケット、食材宅配業などへの販路開拓支援 ➁経営戦略・マーケティング戦略の策定と実践支援 ➂新商品開発、販売促進策(HP等含む)、ブランディング、パッケージ開発等支援 ④HACCP伝道師としてHACCP対応への支援 ➄商談会シート(FCPシート)作成によるマッチング支援
・・・(もっと読む)

勝瀬典雄(かつせふみお)

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科兼任講師・有限会社ビジネスプランニング 代表取締役

居住地

東京都

職業

大学教員・栃木県6次産業化実践アドバイザー・ITコーディネーター・販路コーディネーター・公的事業プロジェクトマネージャー

貢献できること

各地の6次産業化に取組む農林水産業事業者に対する戦略策定・販路戦略・商品開発・販路紹介・法人組織化・補助事業提案等の実践事例を保有している。事例として平成29年度の6次産業化アワード奨励賞広域ネットワークを推薦者として受賞した「とちぎ農業ネットワーク企業組合」の6次産業化に取り組む事業戦略を策定、法人化から設備導入支援・商品開発・販路展開等の事業プロセスを支援した経験値等を活かした貢献が可能である。
・・・(もっと読む)

葉梨卓淑(はなしたかよし)

個人事業(食品企業サポート(インターネットジャーナル㈱・日韓ワールドセンター・木原屋)

居住地

茨城県

職業

流通アドバイザー

貢献できること

食品総合卸売業(中間流通業)で培った知識と経験が支援致します。 1.生産者様のおもい・こだわり/販売者様のMDを理解・把握しています。 目標達成の為にはトータル的な取り組みをする中間流通業の専門性(知識と経験)が不可欠になります。 2.生産者様に対する流通の商習慣・コストパフォーマンス・同業者/競合対策などの専門的な立場で支援できる強みがあります。 3.最大の効果を実現する体制・機能を醸成し、互恵関係を重視し、環境変化対応ができる仕組みをひとつひとつ確立し、経営戦略と整合性のある能動的トータルシステムで相乗効果を得ながら目的を実現していきます。
・・・(もっと読む)

淺沼ゆうか(あさぬまゆうか)

株式会社JEM 代表取締役副社長

居住地

東京都

職業

青果物納め、産地直送、経営戦略、ブランディング

貢献できること

外食向けのブランディング・周知活動、規格の見直し、国内販路開拓 販路拡大や物流・専門知識における講義、商談会マッチングサポート 生産者をモノづくりの技術者・プロフェッショナルと定義した上で、企画・営業・販売までを組み立てる人材の確保を優先すべきであり、各地域の商材をまとめて的確なターゲットにアプローチ化していく。更に、情報共有をしない古典的な思考から、協力し合う事で相乗効果を生み出す方向へシフトチェンジが必要である。また販売先・ターゲット層・目標販売数等、経営学からの観点で数字を計算し、最低限の予測データを作成する事で、ビリネスモデルの構築をし、地域全体をきちんと組織化する事が今後の課題であり、確実な実績につながる。SNSやアプリの利用を含め、よりリアルタイムな情報社会に対応する為には、適材適所の人材確保が重要になってくる。全ては「人」がモノを動かすからである。 外食では、作るプロ+売るプロ+料理人が良いチームを作れる事で、それぞれの腕が発揮され、「物が動く」仕組みへと繋がる。しかしながら、口座開設や物流における難関も多く、既に整っている仲卸の横の繋がりは大変有効活用する必要があると考える。
・・・(もっと読む)

浅野卓(あさのたかし)

アグリ創研株式会社 代表取締役社長

居住地

東京都

職業

ビジネスプロデューサー

実績のある分野

野菜 果樹 林産物

貢献できること

【専門】 ◆知財法・独禁法・契約実務・情報解析をふまえた「知財経営・知財戦略」を基軸に、理論に裏打ちされた「ブランド戦略」、「事業モデル構築」を専門とします。産学官連携にも携わってきました。 ◆特に農水分野では、地理的表示(GI)制度や日本農林規格(JAS)制度を活用した事業モデル、6次産業化・農商工連携等のプランニングを行っています。全国段階の/各地の総合JAや生産者団体、ブランド協議会のアドバイザーを務めてきました。 【略歴】 ◆早稲田大学法学部卒業(2002年)。会社役員を経て(1998年~)、日本初の特許事務所附属研究所である、浅野国際特許事務所附属 国際知的財産戦略研究所にて、コンサルタントとしてのキャリアをスタート(2004年~)。 ◆「経営」「法律」「政策」の複合面からの知財戦略を提供するべく、社会人院生として、東京理科大学大学院 専門職学位課程 首席修了・総代(知財戦略、2010年)、早稲田大学大学院 修士課程修了(知財権法、2013年)。 ◆現在、浅野国際特許事務所 国際知的財産戦略研究所 副所長ならびに、東日本大震災直後に復興支援のために起業した、アグリ創研株式会社 代表取締役社長(2011年~)。 ◆公職として、農林水産省 国立研究開発法人審議会 専門委員(2017年~)。特許庁 地域団体商標普及啓発事業 外部委員・座長(2019年~)。 ◆また、経済産業省 関東経済産業局選定 チーム伴走型知財経営モデル支援専門家、 東京都立大学大学院 非常勤講師(知財)、アグリイノベーション大学校 講師(知財・ブランド戦略)、丹波市立農の学校 講師(知財・ブランド戦略)、 法務大臣認証ADR機関 日本不動産仲裁機構 登録調停人(民泊・農家民宿・農泊)を現任。
・・・(もっと読む)